Future Tech Blog
フューチャー開発者ブログ

Auth0のRulesを使って認証認可を自在にカスタマイズする

Auth0をカスタマイズして使うに当たって必要になるRulesについて、概要と開発に関するTipsを説明します。Auth0のRulesの使い方については、Auth0公式のRules Best Practicesに様々な役立ち情報が載っているのですが、分量が多くてしんどい(全て英語な上に印刷するとA4で18ページ分...)です。 この記事ではRules Best Practicesの中でも特に役に立つと思われる情報と、その他Rules開発で得られた知見について書いていきます。
Read more

Umeda.go 2020 Winterに3名で登壇しました

こんにちは。TIG DXユニット[^1]の渋川、辻、真野です。先日開催された Umeda.go 2020 Winter に当社から3名が登壇しました。資料共有や当日の様子などを報告します
Read more

Auth0 EmailまたはSMSを使ったパスワードレス認証を設定する

Auth0が提供するVue.jsのサンプル実装をベースに説明します。手元で動作確認をする場合は、下記を事前にcloneしてください。このリポジトリにある01-Loginのディレクトリにあるアプリケーションを使います。
Read more

Auth0 導入編

様々なシステムを構築する中で必ず発生する要素「ログイン」。そのログインを支える技術要素「認証・認可」。しかし、認証認可の壁は無駄に高く、調べ始めるとまずは数々の専門用語に阻まれ 「BASIC認証・Oatuh・OpenID・Jwt・Jwk・Jwe…」、 次に認証Flowに阻まれます。「Implicit Flow、Client Credentials Flow...etc」。これらを比較的容易に実装する、Auth0を紹介していきます。
Read more

スロットリングとの付き合い方

スロットリングとは 一定時間内に受信可能なリクエスト数を制限し、制限を上回るリクエストがなされた際には受信を拒否しエラーコードを返却すること。時間経過により再び受信可能となる仕組みです。
Read more

工場をハックするための基本知識 後編

前回は【工場をハックするための基礎知識 前編】として、制御系システムがどのような構成になっていて、ハードウェア的に何を気にしなければならないかについて述べました。後編では、制御系としてどのような機器がどのような仕組みで動いているか、それらの機器とどのようなやり取りをする必要があるか、さらにどのようなことに気を付けて実装していかなければならないかについて述べます。
Read more

実践Drawio

もともとはMicrosof VisioやExcelなどを使って作成していた図形(ネットワーク図、各種シーケンス、ERD..etc)ですが、ファイルストレージがクラウド(GoogleDriveなど)に移ることで、そのまま編集したい欲求が世の中で増しているように思います。その場合の有効なツールとしてdraw.ioを利用するケースが増えてきたと感じます。そこで当社で蓄積したナレッジを文章化します。
Read more

打鍵テストをCIで回す:Cypress on GitHub Actions

つらい打鍵テストをCIで回して、テスト結果をWebダッシュボードでチーム内に共有しようというお話です。
Read more

NeurIPS 2019 論文紹介

NeurIPSという学会に参加して来たことをご報告しましたが、NeurIPSで気になった論文をいくつか紹介したいと思います。
Read more

golang.tokyoで発表してきました

こんにちは。TIG の辻です。先日開催された golang.tokyo #28 に当社から2名、登壇しましたのでそのレポートをします。LT 景品で頂いた CNCF のキャラクターです。かわいいです。
Read more

NeurIPS 2019 参加報告

こんにちは、Strategic AI Group(SAIG)の田中、上野です。私たちは現在、NeurIPSという学会に参加するためにカナダに来ています。NeurIPS(Conference on Neural Information Processing Systems)は、機械学習分野のトップカンファレンスで、今年が33回目の開催となります。
Read more

AWS Glueの単体テスト環境の構築手順

当記事では、AWS Glue をローカル環境で単体テストするための環境構築方法についてまとめました。
Read more

Go Conferenceの📛を作る

  • Go
Go Conferenceの📛を作る。このプログラムを実行する前に、まずはスポンサーしますというのを宣言します。フューチャーもイベント協賛はいろいろやっていますし、特にうちのユニットはGo案件の割合も多いので、OKはもらいやすくて助かります。今回は参加者、スピーカー、スポンサーあわせて240人とかで、なおかつ1つ120円ということが分かったので、コスト的にはイベントスポンサーと考えると費用対効果は高いです。
Read more

SORACOM USBドングルの自動接続

自動化できる業務ならば極力自動化したいというのは万国共通だとは思いますが、例えばWebページであれば Selenium によるUI操作自動化が可能です。しかし、PCにインストールされたGUIアプリには、Webページの「idタグ」に相当するものがなく、UIの自動化は難しいと考えていました。今回、業務で利用しているWindowsのGUIアプリを「マウスで手動クリック」から「コードで自動操作」に切り替える機会があったので、そのときの試行錯誤を紹介します
Read more

GDG DevFest in 信州2019に登壇しました

  • GCP
こんにちは。TIG/DXユニットの伊藤です。普段はGCPの開発支援を行なっているインフラエンジニアです。今回は私の地元である長野で開催された GDG Devfest 信州 に参加しました。今回でこちらの勉強会の参加は2回目になるのですが、登壇する機会をいただいたのでその時のことを書いていきます。
Read more