Future Tech Blog
フューチャー技術ブログ

Airflow の SLA設定方法

TIG DXチームの多賀です。Airflowの SLA 設定方法を紹介します。sla_miss_callback 関数は以下の引数が必要
Read more

go-swaggerでhello world

go-swaggerの具体的な実装方法を紹介します。はじめにgo-swaggerのインストールを行います
Read more

エンジニアが最低限理解しておくべきOSSライセンスの基礎知識

システム開発にてオープンソースのライブラリやフレームワークを利用することは、もはや当たり前となっています。みなさんはOSSのライセンスについてどの程度理解していますでしょうか。OSSだから無条件に利用可能だと思っていませんか?
Read more

Pythonによるパッケージ開発

最近業務ではGoを書くことが増えてきましたが、私は以前Pythonをよく書いていました。今回はPythonの開発をスムーズに行っていく方法について記載します。
Read more

Firebaseでお手軽!データ管理画面をつくる

Firebaseを使って画面を開発してみようと思います。下記を最短経路で作ってみます。システムアドミンの人が使うようなマスタデータ管理画面を想定して、限られたユーザーにアクセスを制限すべく、認証機能も入れました。
Read more

【入門】私を苦しめたDynamoDB

はじめまして。TIG DXユニットの富山です。2020年4月新卒入社です。夏休み自由研究連載の11本目の記事で公開された[Slack×GASの日報テンプレBOTを実務に導入してみた]の執筆者である仁木さんと同期です。私が参画しているプロジェクトでは、データベースにDynamoDBを採用しています。私は、RDBMSしか使用した経験がなかったので、NoSQLであるDynamoDBの理解にとても苦しみました。そこで今回の夏休み自由研究では理解した内容をまとめてみたいと思います!
Read more

Slack×GASの日報テンプレBOTを実務に導入してみた

こんにちは。TIGメディアユニットの仁木です。Slackに投稿するための日報をBOT化・自動化したので自由研究企画に混ぜてもらい記事にすることにしました。毎日共通で書かなければいけないタイトルなどの固定項目やスケジュールの記載を自動化することで、作成時間を短縮し、重要な部分に時間を割けるようになりました
Read more

ぼくのなつやすみ5 -Knativeを知ろう-

こんにちは、TIG所属の[村田]です。夏休みの自由研究連載10本目の記事です。今回は夏休みの自由研究企画ということで、Cloud RunのベースであるKnativeを触ってみたいと思います!利用したコンポーネントとバージョンは以下です。記事投稿時点(2020.08.14)での最新バージョンを利用しています。
Read more

GCPのRegion間レイテンシからサービスのRegion集約を考察する

フューチャー夏休みの自由研究連載の9回目です。こんにちは、TIG DXユニットの西田と申します。業務では `GCP` のインフラの設計/構築/運用を担当しております。私は前職でネットワーク領域のキャリアが長かった事もあり、現職では `GCP` の中でも特にネットワークに関する部分を見ています。今回の自由研究もそれに関連する考察をしていきます。クラウド上で、ワールドワイドのサービスを作るとき、『どれくらいの密度でどの Region にサーバを立てればよいのか?』って、悩みませんか?インターネット向けのWebサービスだったら `CDN` で対処すれば基本的にはOKですが、イントラネットだけからアクセスさせたい社内サービス、Backend 系のサービス、Webサービスではないアプリケーションなどはインスタンスを用意する必要が出てきますよね。
Read more

Marpで会社のスライドテンプレを作ってみる

皆さん、Marpはご存じでしょうか?Marpとは、Markdown記述形式でスライドを作成するができるツールです。VSCodeにインストールことで、VSCode上でスライドの作成を行うことができるようになります。まさにあったらいいなが具現化したようなツールです。もちろん、Marpから作成されたスライドはパワポでの再編集も可能で、骨子づくりはMarp、仕上げはパワポ、なんて合わせ技も行えます。今回はそんな[Marp]を業務でも平常利用できる状態に持っていくべく、スライドのテンプレートの仕込みをやってみたいと思います。
Read more

Tags