Future Tech Blog
フューチャー技術ブログ

GoPlus自由研究

フューチャー[夏休みの自由研究]連載の2回目です。TIG DXユニットの伊藤真彦です。夏休みの自由研究として、GoPlusの調査を行いました。この記事ではGoPlusの紹介、および簡単な内部構造の調査を行います。
Read more

産業用機器向けフィールドネットワークModbusで温湿度センシング

三菱系のPLCと通信する[MCプロトコル]は飛び道具的な持ちネタの1つですが、同様にメジャーな規格であるModbusについて自由研究という名の調査をしました。工場、倉庫、プラントなどのIoT化を行うと...
Read more

Kaggleにワクチン開発用のデータを公開しました & コード解説

こんにちは。SAIG所属の農見と申します。この度、研究で用いた[B細胞エピトープ予測用データセット]を公開したので、その解説をします。簡単に言うと、B細胞エピトープが分かればワクチン作成の大きな助けになる、だからCOVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2が持つタンパク質のB細胞エピトープを予測して...
Read more

コード選考の問題選定を現場社員がやるわけ

SAIGを担当しています。また、競技プログラムを中心とした全社的な活動に関わっており、フューチャーが2018年より実施している、新卒採用のコード選考についてご紹介します。
Read more

Redux-Toolkitに学ぶ、TypeScriptの型推論とこれからのAPIデザイン

TypeScriptは、JavaScriptのさまざまなフリーダムな書き方を受け入れ、漸進的な型付けを行えるようにするという~~狂った~~高難易度な目的のために作成されているのですが、そろそろ、TypeScriptファーストで、利用者にとって使いやすいAPIみたいな方向性で使われることも増えるのでは、という思いを強く持ちました。「
Read more

AWS認定 Machine learning specialty 合格記

TIGの伊藤真彦です。先日もう一人の伊藤さんが[Terraform Associate合格記]を書いてくれました。こちらの記事に続いて、資格系の記事を書いてみようと思います。私はAWSの資格を4つほど持っているのですが、今回は[AWS認定 機械学習 - 専門知識]について紹介します。ちなみに機械学習の資格は実務経験0から2カ月ほど学習して合格しました。前提知識0の人も対象になるような記事を目指して記載します。
Read more

DBスキーマを駆動にした開発のためのライブラリ調査

Goでデータベースを扱う場合、[Gorm] といった ORM がよく使われます。多くの場合は構造体のフィールドとデータベースのカラム名のマッピングをするタグ付きの構造体を実装します。例えば Gorm を用いて users テーブルにアクセスする場合、以下のような構造体が一例として考えられます。
Read more

GoからAWS KinesisのAggregationFormatを利用する

[サーバレス連載企画]の8回目です。TIG DXユニットの真野です。ここ数年は産業向けのIoT(例えば工場IoTやモビリティIoT)を行っています。[工場をハックするための基本知識] の記事を書いた棚井さんと同じチームに所属しています。[サーバレス連載企画] の第8弾目として、Serverlessの代表格であるAWS LambdaでGoを用いてKinesisに対するKPL/KCL相当の処理についてまとめていきます。
Read more

夏休み自由研究ブログ連載を始めます

夏休み自由研究というテーマの連載を開催します。春の入門祭りに続く、大型の連載なのでブログ運営者としてワクワクドキドキしています。
Read more

AWSサービストリガによるLambda起動

昨今様々なシステムで利用さているAWSのLambdaですが、サーバレスということもあり何かのイベントをトリガに関数を起動させる方法が一般的かと思います。LambdaはAWSの様々なサービスをトリガとして起動することが可能で、自分たちの利用しているAWSサービスと組み合わせて実装するることでその真価を発揮します。AWSに少し詳しい人であればLambdaをAWSのサービストリガで起動させる事ができることは知っていると思いますが、いざ実装するとなると具体的にどういった手順で、なんの設定が必要かというところがわからないという人もいるのではないでしょうか。
Read more

Tags