Future Tech Blog
フューチャー開発者ブログ

第2回Future開発合宿

  • 谷村元気

はじめに

あけまして、おめでとうございます🐗
またお会いましたね。フューチャー歴2年目の谷村です。
今回は時空を越えて、2017年12月16-17日に開催した第2回の開発合宿レポートをお届けします。

Future開発合宿はプライベートでおのおのが作りたいものを作るというテーマのもと、有志活動として行っています。

準備

前回合宿させていただいた土善旅館さんに11月頭に連絡を取ると、12月は合う日程がないとのこと。
さすが最高の旅館ですね。

というわけで様々な情報を探しましたが、同条件で合宿できるところは中々ありません。
最終的に、私が別件の合宿で宿泊したことのある山喜旅館さんにお願いしました。

今回の旅のしおりはこちらです。
https://gist.github.com/tng527/1d30de9ea7eaeaa5d34251e187e04319

まとめ

前回のブログ同様、先にまとめておきます。

  • 伊東市の温泉がスゴイ!
  • 海産物が美味しい!
  • 海が近い!砂浜で遊べる!
  • 建物に重厚感が有りお寺みたい!
  • お風呂はぬるめ
  • 開発部屋では飲食制限あり
  • draftkegはテンション爆上げ!
  • NW弱い、遅い…

当日

山喜旅館は、静岡県の伊東市(熱海の南、伊豆半島)にあります。
都内から電車で2時間くらい。土善旅館より近いですね。

伊東市は観光地として発展しており、スーパーや飲食店、コンビニなどの商業施設があり快適です。

早速遅刻者が出ました。...主催の私です。ごめんなさいごめんなさい。 さらに電車の乗り換えをミスりました。ごめんなさいごめんなさい。 定時組は魚楽亭さんでご飯を食べつつ、 山喜旅館に到着! スーパーでお酒を買い出しして、 (写真はスーパーで蔵元さんが日本酒を詰めてくれているところ) 乾杯で合宿を始めます。 今回の開発部屋はこんな感じ。畳ではないので寝転べないですが、机がしっかりしています。 旅館のご厚意で、小さな会議室の値段で大きな会議室を貸してくださいました。 (エアコンが効かず寒かった...) みかん片手にひたすら開発します。 海が近いので、開発が煮詰まったら波打ち際でチャプチャプします。 眺めの良いお部屋を割り当てていただいたので、 チェックイン時間になると、そちらで開発する人もいたようです。 そうこうするうちに夕飯のお時間。 お魚と天ぷらと鍋で美味しかったです! 別室を用意いただけてありがたいですね。 てっぺん(24時)回ったら集合写真。倒れてる人もいましたが全員で撮ることが出来ました。 25時回ったら[くるまやラーメン](https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220503/22013110/)へ。 この旅館に来たら行かねばならぬ!美味しさは普通なのに、25時に外まで行列ができてます。 もうだいぶ眠そう... 2日目も乾杯から始めます。draftkegで美味しいビールを注いで、 乾杯!! そしてまた開発へ。 成果発表タイム! 競プロについて熱く語ったり。 成果挙がらなかったので合宿の幹事やったことが成果だと言い切ってみたり。(私です) タイトルから伺える進捗感...今回は全体的に反省多めかも。 Haskellについて熱く語ったり。 うさぎの健康管理アプリ作ってみたり。 最後にみんなで投票しておしまい!

参加者アンケート結果

KEEP

  • 温泉旅館に行けるのが良い
  • 土善旅館にロックインせずに済んだ
  • 海辺で遊べた
  • もくもく会的な集中環境を作れた
  • 各々が得意分野の知識をシェアできたた

PROBLEM

  • 谷村さんが電車に乗り遅れたこと ←ごめんなさい
  • お酒が多すぎた
  • NW環境が悪い
  • お酒がぬるくならない環境を用意したい

TRY

  • 二泊三日したいです!
  • 島でやりたい
  • 各自ビジホでサテライト的に。。。
  • リモート参加の実現

こちらもぜひ参照ください。