フューチャー技術ブログ

Programming

Auth0で認証成功後に任意のWebページを表示させたい

とある案件で、ユーザがログインした後に任意のページを表示させたいニーズがありました。こういった時はアプリ側でやってあげれなくもないのですが、複数のアプリが Auth0 で認証している場合には、アプリの数だけ改修が発生してしまいます。今回は context.redirect という Auth0 のユニークな機能を使って、改修を最小限に抑える方法を紹介します。
Read more

リモートネイティブ世代が考えるリモートワーク設備

[リモートワーク環境連載]の3弾目です。こんにちは。TIG/DXユニットの富山です。私は2020年4月新卒入社で、入社時からリモートワークが基本のリモートネイティブ世代です。自分なりに快適に仕事を行える自宅作業環境を入社してから少しづつ構築したのでご紹介します。少しでも参考になれば嬉しいです!
Read more

AWS SDK for Goのリトライアルゴリズムを差し替える方法

本記事では[AWS SDK for Go]を使ってAWSのAPIをコールする場合のリトライアルゴリズムを差し替える方法を紹介します。
Read more

Service Worker開発で起きた不具合を振り返る

Service Worker開発で起きた不具合と対応方法を記載します。Service Workerは、ブラウザがWebページとは別にバックグラウンドで実行するJavaScriptになります。
Read more

Go 1.16のsignal.NotifyContext()

Go 1.16リリース記念連載の最終回はsignal.NotifyContextです。ご存知のように、Go 1.7でcontext.Contextが入ってから、少しずついろいろなAPIがContext対応になりました。
Read more

Go1.16からのio/ioutilパッケージ

Go1.16でアップデートがあった io/ioutil パッケージが deprecated になる話題のまとめです
Read more

Go 1.16のgo installについて

Go 1.16連載の2つ目となるこの記事では、Go 1.16で機能追加された go install について説明します。
Read more

Go 1.16からリリースされたgo:embedとは

TIGの伊藤真彦です。この記事はGo 1.16連載の1記事目です。トップバッターとして`go:embed`について記事を書きます。プロポーザルとなるissueは[こちら]、2020年9月のissue作成から約5ヶ月の時を経て`go:embed`がリリースに含まれることになりました。
Read more

Go 1.16連載が始まります

毎年2月と8月はGoの新バージョンがリリースされます。2021年2月は1.16です。本ブログでは1.16のリリースを記念してGo 1.16の新機能を紹介する集中連載を行います
Read more

Good First Issue から OSS へコントリビュートしてみた

TIG DXチームの多賀です。[Good First Issue] にコントリビュートしてみたので、経験談について記載してみます。[Good First Issue]で定義されており、初めてのコントリビュートに向いている Issue につけられるラベルです。
Read more

タグから記事を探す