Future Tech Blog
フューチャー開発者ブログ

golang.tokyoで発表してきました

  • Go
こんにちは。TIG の辻です。先日開催された golang.tokyo #28 に当社から2名、登壇しましたのでそのレポートをします。LT 景品で頂いた CNCF のキャラクターです。かわいいです。
Read more

NeurIPS 2019 参加報告

こんにちは、Strategic AI Group(SAIG)の田中、上野です。私たちは現在、NeurIPSという学会に参加するためにカナダに来ています。NeurIPS(Conference on Neural Information Processing Systems)は、機械学習分野のトップカンファレンスで、今年が33回目の開催となります。
Read more

AWS Glueの単体テスト環境の構築手順

当記事では、AWS Glue をローカル環境で単体テストするための環境構築方法についてまとめました。
Read more

Go Conferenceの📛を作る

  • Go
Go Conferenceの📛を作る。このプログラムを実行する前に、まずはスポンサーしますというのを宣言します。フューチャーもイベント協賛はいろいろやっていますし、特にうちのユニットはGo案件の割合も多いので、OKはもらいやすくて助かります。今回は参加者、スピーカー、スポンサーあわせて240人とかで、なおかつ1つ120円ということが分かったので、コスト的にはイベントスポンサーと考えると費用対効果は高いです。
Read more

SORACOM USBドングルの自動接続

自動化できる業務ならば極力自動化したいというのは万国共通だとは思いますが、例えばWebページであれば Selenium によるUI操作自動化が可能です。しかし、PCにインストールされたGUIアプリには、Webページの「idタグ」に相当するものがなく、UIの自動化は難しいと考えていました。今回、業務で利用しているWindowsのGUIアプリを「マウスで手動クリック」から「コードで自動操作」に切り替える機会があったので、そのときの試行錯誤を紹介します
Read more

GDG DevFest in 信州2019に登壇しました

  • GCP
こんにちは。TIG/DXユニットの伊藤です。普段はGCPの開発支援を行なっているインフラエンジニアです。今回は私の地元である長野で開催された GDG Devfest 信州 に参加しました。今回でこちらの勉強会の参加は2回目になるのですが、登壇する機会をいただいたのでその時のことを書いていきます。
Read more

Go Cloud#7 PubSubドライバー(pubだけ)を実装してみる

  • Go
Go Cloudはいろいろなドライバーが整備されているものの当然のことながら、この世のすべてのバックエンドに対応しているわけではありません。AWSやGCPやAzureが提供されているサービス以外にも、自前で運用しているミドルウェアにも対応したくなったりするはずです。Go Cloudの中を覗き見るついでに、自分でドライバーを実装してみました。
Read more

「脱Oracle」の背景にある、Oracle Databaseの価値を改めて考える

2019年10月15日、Amazonは自社サービスにおける実質的な脱Oracleを発表しました。75PBに及ぶデータを、傘下のAWSが提供するDatabase Service(AuroraやDynamoDB、Redshiftなど)へと移行したとの事。この一報は、Amazonというグローバル規模のECの巨人、クラウド・プラットフォーマーのリーダーの一角が、大規模基幹システム領域におけるRDBMSのデファクト・スタンダードと決別したという点で、業界関係者に対して非常に大きなインパクトを残したものかと思います。
Read more

Go Conference 2019 Autumn に登壇しました

  • Go
先日開催された Go Conference 2019 Autumn に参加/登壇したので、その内容をレポートします。
Read more

Go Cloud#6 GCPのローカルエミュレータを活用する

本記事では、Go CloudでGCPのエミュレータに接続してみます。GCPのリソースを管理するためのコマンドラインインターフェースとして gcloud があり、このgcloudコマンド経由で各種エミュレータを実行することができます。
Read more

Go Cloud#5 AWSのローカルモック環境であるLocalStackを活用する

  • Go
本記事ではGo Cloud経由でAWSのローカルモック環境であるLocalStackに接続してみたいと思います。
Read more

Go Cloud#4 URLを編集するパッケージ

  • Go
これまで、基本的な機能を一通り紹介してきました。Go Cloudでは何かとURL扱います。特にポータブルなAPIを使うと、mem://my-pub-sub やら s3://my-bucketやらで、URLでリソースの種類とその実態を指定しますし、場合によっては ?filename=collection.dbのようなクエリーで属性を設定したりします。
Read more

Go Cloud#3 Go CloudのDocStoreを使う

  • Go
Go Cloudの紹介の連載の第3弾です。Go Cloudにはいろいろ便利な機能がありますが、ほとんどの機能は既存のAPIへの薄いラッパーだったりします。そんな中、よくぞ実装したな、と思われるのがDocStoreです。
Read more

Go Cloud#2 Pub/Subの概要紹介

  • Go
マルチクラウドなアプリケーションの実装としては、各サービスのインターフェースに依存することが多く、独自に各サービスのインターフェースをラップして実装するのもなかなか大変なのではないでしょうか。Go Cloud はアプリケーションのポータビリティに役に立つと考えています。本記事では Google Cloud Pub/Sub と Amazon Simple Queue Service と In-Memory について Go Cloud で Publish / Subscribe した例を紹介します。
Read more

Go Cloud#1 概要とBlobへの活用方法

  • Go
TIG DX Unit所属の多賀です。今回は、Go Cloudシリーズとしていくつか Go Cloudに関する記事をリレー形式で書いていきたいと思います。 第一弾としては、Go Cloud についての概要と、案件でも活用した Blob を利用したサンプルについて解説します。また、認証系の情報の扱いについても記載します。
Read more