Future Tech Blog
フューチャー技術ブログ

Serverless連載4: Firebase CrashlyticsでAndroidアプリのエラーログをさくっと収集する


はじめに

こんにちは、Android Developerの佐藤です。

サーバーレス連載の4回目を担当します!
モバイルアプリ品質強化の強い味方となってくれるFirebase Crashlyticsを紹介したいと思います!

そもそもFirebaseとは

Firebaseとは、AndroidやiOSなどのモバイルアプリのバックエンド機能を提供してくれるサービスです。
提供されているサービスは、利用状況の解析、クラッシュの検知、認証、通知、ホスティングなど多種多様です。
これらのサービスを利用する上で、サーバーの管理が不要なのはもちろん、導入する上で追加のコーディングはほぼ必要ありません。
Firebase SDKをアプリのソースコードに組み込むだけで、Firebaseの機能を利用することができます。

※ Firebaseはモバイルアプリだけでなく、Webアプリにも対応しています。サービスごとに、対応しているプラットフォームが異なる点に注意が必要です。

Firebase Crashlyticsとは

どんなに気をつけていても、予期せずアプリがクラッシュしてしまうことはあります。
クラッシュしないようなコーディングに努めることも重要ですが、クラッシュがあったという事実をいち早く検知し、その原因を突き止めることも同じくらい重要です。

Firebase Crashlyticsはクラッシュの検知とその原因の究明に役立つサービスです。
Firebase Crashlyticsを導入することで、以下の情報を簡単に知ることができます。

  • いつクラッシュしたのか
  • ソースコードのどこでクラッシュしたのか
  • クラッシュによって影響を受けているユーザーはどれくらいいるのか
  • どのバージョンでクラッシュしたのか
  • どの機種でクラッシュしたのか

以下では、実際にFirebase Crashlyticsを使って、どのようにクラッシュ情報にアクセスできるようになるのかを見ていきます。

Firebase Crashlyticsを使ってみる

簡単なサンプルアプリを用いて、

  • どのようにしたらクラッシュ情報をFirebaseに送ることができるのか
  • Firebaseコンソールでどのようなクラッシュレポートを見ることができるのか

を見ていきましょう。

サンプルアプリを用意する

Android StudioでEmpty Activityテンプレートをベースにした新規プロジェクトを作成します。
ボタンを画像のように2つ追加します。

それぞれのボタンにOnClickListenerを実装します。実装例は後述しますが、それぞれのボタンをクリックしたときの振る舞いを簡単に説明すると、以下のようになります。

  • FATALボタンをクリックするとRuntimeExceptionが発生し、アプリが強制終了します。
  • NON FATALボタンをクリックするとRuntimeExceptionが発生しますが、try-catchのエラーハンドリングを実装しているため、アプリが強制終了しません。

意図的に例外が発生する状況を再現しています。

Firebaseをセットアップする

Firebase公式ページを見ながらFirebaseのセットアップを行います。
https://firebase.google.com/docs/android/setup
(Firebase公式ページには日本語に訳されているページもありますが、英語ページのアップデートに追随していない箇所がいくつかあります。日本語ページを参照する場合は、英語ページも併せてご覧になることをおすすめします。)

Firebaseコンソール画面も親切にナビゲートしてくれるので安心です。

Firebase Crashlyticsをセットアップする

Firebaseのセットアップが完了していれば、build.gradleにコードを数カ所追加するだけでCrashlyticsの最小限の設定は完了です。アプリが異常終了したとき、自動的にFirebaseにクラッシュレポートが送信されます。

  • Projectのbuild.gradle
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
buildscript {
repositories {
google()
jcenter()
maven {
url 'https://maven.fabric.io/public' // 追加
}
}
dependencies {
classpath 'com.android.tools.build:gradle:3.6.1'
classpath 'com.google.gms:google-services:4.3.3'
classpath 'io.fabric.tools:gradle:1.31.2' // 追加
}
}
  • Moduleのbuild.gradle
1
2
3
4
5
6
7
8
9
apply plugin: 'com.android.application'
apply plugin: 'com.google.gms.google-services'
apply plugin: 'io.fabric' // 追加

dependencies {
// ...
implementation 'com.google.firebase:firebase-analytics:17.2.3'
implementation 'com.crashlytics.sdk.android:crashlytics:2.10.1' // 追加
}

※ 2020/3/30現在2つのCrashlytics SDKが存在します。”Fabric系譜のCrashlytics SDK”と”Firebase向けに新調されたSDK”です。後者は、2020/3/30現在beta版となっています。今回はGAになっている前者のSDKを使用しています。

アプリをクラッシュさせてみる

MainActivityの実装例はこちらです。FATALボタン、NON FATALボタンにOnClickListenerをセットしています。

アプリクラッシュするMainActivity実装例
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
public class MainActivity extends AppCompatActivity {

@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.activity_main);

// どのユーザーの端末でクラッシュが発生したのかを知りたい場合、
// CrashlyticsにUserIDを教えてあげる必要がある。
Crashlytics.setUserIdentifier("user0001");

// FATALボタンをクリックしたときの処理
findViewById(R.id.fatal_button).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
@Override
public void onClick(View v) {
// "FATAL"ボタンをクリックするとアプリが強制終了する。
throw new RuntimeException("Fatal");
}
});

// NON FATALボタンをクリックしたときの処理
findViewById(R.id.non_fatal_button).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
@Override
public void onClick(View v) {
// "NON FATAL"ボタンをクリックするとRuntimeExceptionが発生するが、
// 例外をcatchしているので、アプリが強制終了することはない。
try {
throw new RuntimeException("Non Fatal");
} catch (Exception e) {
// logException()メソッド送信されたログは「非致命的(non-fatal)」なログとしてレポートされる。
Crashlytics.logException(e);
}
}
});
}
}

Firebase SDKは、開発者が意図しない強制終了(クラッシュ)が発生したときに、自動でスタックトレースをFirebaseに送信してくれます。上のコードでいうとFATALボタンをクリックしたときにアプリが強制終了してしまいますが、裏でSDKがクラッシュレポートをFirebaseに送信してくれます。

クラッシュが起きないようにエラーハンドリングはしているけれど、開発者目線で「この例外の発生は検知したい」というような場合がよくあります。そういった場合は、Crashlytics.logException()メソッドを利用します。発生した例外を「非致命的(Non-fatal)」な例外としてFirebaseに通知することができます。

Firebaseコンソールでクラッシュレポートを確認する

Overview

サイドナビの品質からCrashlyticsを選択するとCrashlyticsの画面が開きます。
こちらの画面からクラッシュ状況の概要がわかります。
FATALボタンをクリックしたときのレポートは「MainActivity.java - line 23」として通知されています。
NON FATALボタンをクリックしたときのレポートは「MainActivity.java - line 30」として通知されています。
「評価」項目をみると「クラッシュレポート」なのか「非致命的な例外のレポート」なのかがひと目でわかりますね。

クラッシュレポート

Fatalボタンをクリックすることによって発生したクラッシュレポート(MainActivity.java - line 23)を見てみましょう。

以下がひと目でわかりますね。

  • いつクラッシュしたのか
  • ソースコードのどこでクラッシュしたのか
  • クラッシュによって影響を受けているユーザーはどれくらいいるのか
  • どのバージョンでクラッシュしたのか
  • どの機種でクラッシュしたのか

また「スタックトレース」タブからクラッシュしたときのスタックトレースを見ることができます。
なぜクラッシュしたのかが詳細にわかります。

ユーザーIDでの検索

「ユーザーIDでの検索」も行うことができます。
ユーザーから不具合の問い合わせがあった際に、ソースコードのどの箇所で異常があったがゆえにそのユーザーの端末で不具合が発生したのかを素早く知ることができます。

以下のようにSDKにユーザーIDを教えてあげることで、ユーザーIDでの検索が可能になります。

ユーザID検索
1
Crashlytics.setUserIdentifier("user0001");

最後に

Firebase Crashlyticsは本当にさくっと導入することができます。
ユーザーの端末に埋もれてしまいがちなクラッシュ情報に簡単にアクセスできるのが嬉しいポイントですね。
クラッシュレポートはカスタマイズもできるのですが、build.gradleにSDKを追加するだけのシンプルな実装だけでも大変役に立ちます。

ぜひお試しください!

関連リンク