フューチャー技術ブログ

Proxy下でのFlutter環境構築(for Mac)

TIG DXユニットでアルバイトをしている齋藤です。

以前、当ブログで連載が行われたFlutterですが、先日業務のためにFlutterの環境構築をしようとしたところ、いくつかの障壁がありました。

当記事ではProxyがある環境下でMac上にFlutterの環境構築について、ダウンロードから仮想デバイス上での公式デモアプリ(Android)実行まで紹介いたします。iOSアプリに関しては今回は説明いたしません。

環境

  • マシン: MacBook Pro (2020, Intel CPU)
  • ネットワーク: 社外への通信はHTTP Proxyの経由が必要

※ Apple Siliconを搭載したMacでは、Developing with Flutter on Apple Silicon を参考にする必要があるようです。

Flutterのインストール、flutter doctor

基本的にはFlutter公式のInstallに沿ってインストールを進めていきます。

予め、flutter pub getで必要になるProxyに関する設定を行います。.zshrc等に設定を追記します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
# 認証なしの場合
export http_proxy=http://proxy.example.com:8000
export https_proxy=$http_proxy
export HTTP_PROXY=$http_proxy
export HTTPS_PROXY=$http_proxy
export NO_PROXY=localhost,127.0.0.1
export no_proxy=$NO_PROXY

# 認証付きの場合
export http_proxy=http://username:password@proxy.example.com:8000
# 以下同じ

続いてFlutter公式からflutter_macos_<version_name>-stable.zipをダウンロードします。
そして、次のコマンドを実行していきます。Flutterのインストール先は~/developとして説明します。

1
2
3
4
5
6
7
cd ~/development
unzip ~/Downloads/flutter_macos_<version_name>-stable.zip

export PATH="$PATH:`pwd`/flutter/bin"

# Flutter doctor実行。Android StudioやXCode以外がパスしていればOK
flutter doctor

ちなみに、Flutterの一部のコマンドではflutter doctor -vのように-vオプションを付けることで、詳細なログが表示されます。上手くいかないときは-vオプションをつけると、失敗の原因が見つかりやすくなります。

Android Studioのインストール

IDEのAndroid Studioの設定を行います。Android Studioが未インストールならば、Android Studio のインストール に沿ってインストールします。

続いて起動画面で「Configure」→「Plugins」を選択して開き、Flutterを検索し、Flutter Pluginをインストールします。同時にDart Pluginもインストールされます。

次にJavaのSDKをAndroid SDKが対応しているJDK 1.8.0に変更します。最新のJDKを使おうとすると、flutter doctor --android-licensesのときに実行時エラーになると思います。

JDK 1.8.0がなければインストールします。そして、次の設定を.zshrc等に追加します。

1
export JAVA_HOME=`/usr/libexec/java_home -v 1.8`

再度、flutter doctorを実行します。すると、android licenseの認証が求められるため、flutter doctor --android-licensesを実行します。

何回か同意を求められるのでyを入力し、同意します。

最後に再度flutter doctorを実行し、XCode以外は正常であることを確認します。iOSアプリを開発しない場合、XCodeは不要です。

プロジェクト作成

Flutterのプロジェクトを作成します。このとき、Android StudioのNew Projectから作成しようとすると、Android StudioでProxyの設定をしていても上手くいきません。そのため、terminalでプロジェクトを作成したいディレクトリに移動し、flutter create <project_name>を実行してプロジェクトを作成します。

続いてターミナルでプロジェクトのディレクトリまで移動し、flutter pub getを実行します(Android Studioからは上手く動作しない)。これで必要なパッケージが導入されます。

次にAndroidアプリを実行する仮想デバイスを起動します。画面上部の<no device selected>からプルダウンしてOpen Android Emulator: Pixel 3A API 30 x86などを選択します。最初からAndroid Emulatorが一つはインストールされていると思います。選択すると仮想デバイスが起動されます。

続いて、仮想デバイス選択の右の欄でエントリーポイントがmain.dartになっていることを確認します。最後にさらに右にある再生ボタンの形をした「Run」をクリックします。

このとき、以下のようなProxy関連のエラーが発生することがあります。

1
Exception in thread "main" java.io.IOException: Unable to tunnel through proxy. Proxy returns "HTTP/1.1 407 Proxy Authentication Required"

これは途中gradlew assembleDebugを実行するときのエラーなので、gradleでのProxy設定を行います。~/.gradle/gradle.propertiesにおいて

1
2
3
4
5
6
7
8
systemProp.http.proxyHost=http://proxy.example.com
systemProp.http.proxyPort=8000
systemProp.http.proxyUser=username
systemProp.http.proxyPassword=password
systemProp.https.proxyHost=http://proxy.example.com
systemProp.https.proxyPort=8000
systemProp.https.proxyUser=username
systemProp.https.proxyPassword=password

を記述します。記号はURLエンコードなどをせず、そのまま入力します(?などはそのまま入力してOK)。

加えて、証明書エラーが出ることもあります。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
A problem occurred configuring root project 'android'.
> Could not resolve all artifacts for configuration ':classpath'.
> Could not resolve com.android.tools.build:gradle:4.1.0.
Required by:
project :
> Could not resolve com.android.tools.build:gradle:4.1.0.
> Could not get resource 'https://dl.google.com/dl/android/maven2/com/android/tools/build/gradle/4.1.0/gradle-4.1.0.pom'.
> Could not GET 'https://dl.google.com/dl/android/maven2/com/android/tools/build/gradle/4.1.0/gradle-4.1.0.pom'.
> PKIX path building failed: sun.security.provider.certpath.SunCertPathBuilderException: unable to find valid certification path to requested target

この場合はJavaのルート証明書一覧にdl.google.comの証明書を追加することで解決できます。

  • まず https://dl.google.com/dl/android/ に移動します。404が表示されますが問題ありません。
  • 続いて、以下の手順で証明書を入手します。ブラウザにGoogle Chromeを使用する場合で説明します。
    • URL横の鍵マークをクリックし、「証明書」をクリックします。
    • 一番上の証明書をクリックし、表示された証明書アイコンをデスクトップにドラッグ&ドロップします。
      • ~/Desktop/Digital\ Arts\ Inc.\ CA.cerが作成される。
  • keytoolを用いて、証明書を追加します。
    • 例:keytool -import -alias certificationdisitalartsinc -keystore ~/Library/Application\ Support/Google/AndroidStudio4.2/ssl/caerts -file ~/Desktop/Digital\ Arts\ Inc.\ CA.cer

以上の問題が解決され、正常に動作すれば環境構築完了です。以下のようにカウントアップアプリが起動し、操作できると思います。

flutter_demo_launch

まとめ

Proxyがある環境下でMac上にFlutterの環境構築について紹介いたしました。Proxy環境下での環境構築は厄介なことになりがちですが、適切な設定を行い、素敵な開発ライフを送っていただければと思います。