Tech Blog
フューチャーアーキテクト開発者ブログ

ICLR2019 参加報告ブログ


はじめに

こんにちは、Strategic AI Groupの田中です。
先月のAI EXPO出展報告ぶりになります。

5/6-5/9にアメリカ ニューオーリンズで開催されたICLR2019に、私と貞光で参加してきました!

ICLR(International Conference on Learning Representation)とは、

  • 2019年の投稿数が1,590件
  • ポスター発表が454件(採択率6.9%)
  • 口頭発表が24件(採択率1.5%)

…という、非常に狭き門なディープラーニング系のトップカンファレンスです!

1,400人のレビュアーが、レビュー内容が一般にも公開されるウェブサービス、OpenReviewを使用してレビューを行います。

発表者は、企業ではGAFAM(Google, Apple, Facebook, Amazon, Microsoft)が圧倒的な多さ。
大学だとStanford, MIT, RICE, BAIRなどが多かったです。

国別だと、アメリカ、中国が圧倒的。ヨーロッパ、韓国も比較的多く感じました。

論文紹介

私が専門とするNLPについての発表2本、

論文1: The Neuro-Symbolic Concept Learner: Interpreting Scenes, Words, and Sentences From Natural Supervision
論文2: Wizard of Wikipedia: Knowledge-Powered Conversational Agents

と、ICLRでホットトピックになっていた Robustness, メタ学習, GNN関連の発表、

論文3: ImageNet-trained CNNs are biased towards texture; increasing shape bias improves accuracy and robustness
論文4: A Closer Look at Few-shot Classification
論文5: How Powerful are Graph Neural Networks?

について、それぞれまとめています。

さいごに

いかがでしたでしょうか😌👏

Strategic AI Groupでは、週に一回、論文読み会 Future Study Group を開催しており、メンバ間での技術の共有を活発に行っていますー!
この記事に掲載したスライドも、Future Study Groupでメンバに紹介したものが元になっています!

さて、話は戻りますが、ニューオーリンズといえばジャズ発祥の街らしいです。

カンファレンス終了後に二人でジャズ🎷🎺を聞きに行きました!
生音の迫力と、眼の前で繰り広げられるパフォーマンスに圧倒されました

そして、ニューオーリンズといえばミシシッピ川🏊 です。
ホテルの真横を流れていました。とても広大な川でした😊

▲ジャズを聞いた場所、Preservation Hall ▲ホテルの部屋から見たミシシッピ川