Future Tech Blog
フューチャー技術ブログ

フューチャー夏のインターン2020。リモート開催予定です


https://www.future.co.jp/recruit/new/internship/

  • 2020/06/10: ⑩のインターン内容を追記
  • 2020/06/10: 交通費について説明を追記
  • 2020/06/22: Project Campのリンクを追加
  • 2020/09/15: インターン参加記事へのリンクを追加
  • 2020/09/18: インターン参加記事のリンクを3つ追加

はじめに

こんにちは、真野です。

フューチャーのサマーインターン🌞Summer Camp🏄が6月より募集を開始しました。

夏季インターンを「Summer Camp」と称して提供しており、現在2つのコースがあります。

  1. Engineer Camp: エンジニア向けのプログラミング主体のプロジェクト業務を体験するコース
  2. Project Camp: だれでも応募OKのプロジェクト業務を体験するコース

それぞれに良いところがありますが、せっかく技術ブログで紹介するので Engineer Camp について細かく説明します。

Project Campに興味がある方は、ぜひ未来報の記事をご覧ください。

2020年はフルリモート開催

フューチャー史上初のフルリモート🏡💻なインターンです。

リモートでもパフォーマンスが出るように、Google MeetやSlackなどの環境を用意し、例年と同等以上に学びがある、密度の濃い良い体験ができるように準備しています。また、この状況が落ち着いた後に、もし希望があればオフィス見学することも可能なようです。ボルダリング壁🧗もありますのでそういった場を取れることを祈っています。その他、希望は柔軟に対応しようと思っています。

実施日程

8月24日(月)~9月18日(金)
 ※原則は土日祝日を除く、週5日/8時間の勤務
 ※期間中、数日程度の欠席は調整可能
 ※週3~4日でのインターンを希望される場合は理由などを伺い、要検討

選考プロセス、選考スケジュール

マイページ登録→エントリーシート提出→プログラミングテスト→面接

まずは「マイページ登録をして欲しいです!」って採用チームの岡田さん1が言っていました。

エントリーシートの提出締切:

締切①    2020年6月14日(日) 23時59分
締切②(最終) 2020年6月28日(日) 23時59分

その他

  • 報酬: 1日あたり12,000円を支給します。
    • ※時給1500円/H。8時間勤務を行った場合の計算です。
    • ※実際の勤務時間に基づいての支給となります。
  • 交通費: 規定に沿ってご自宅最寄駅から、大崎駅もしくは五反田駅までの交通費を支給

Engineer Campのポイント

1. 実際の業務に関わることができる

インターン用のタスクをしてもらうのではなく、実プロジェクトにアサインされ、リアル業務を行えます。個人では扱うことのできない技術にも触れられます。また、チームで開発する際の苦労や工夫を知ることもできるのは大きいと思います。当然、社会人になってエンジニアとしてはたらくイメージを持つにはうってつけです。

2. フューチャーの技術部隊のメンバーがメンター

実プロジェクトのアサインと聞いて不安に思われた方も多いと思いますが安心してください。フューチャーの各技術分野のスペシャリストがメンターとしてサポートします。社員との距離感も近く、フラットな社風なので、気軽に質問をしやすい環境です。フューチャーの技術力の高さを体感いただきつつ、ご自身のスキルも伸ばしてください。Slackをフル活用しているので疑問を呟くと、きっとすぐに先輩社員がアドバイスしてくれます。

3. 昨年に比べてパワーアップした1か月のプログラム

開催期間を昨年までの2週間から、4週間に延長しました。2週間でも長いよ!と思われる方もいるかもしれませんが、長いようでもう少し期間があればもっと深く入ることができるのに!という昨年の反省がありました。昨年の参加者満足度100%でしたが、今年はより深く・より面白く・より満足できるプログラムとなるはずです。

Engineer Camp のコース紹介

Engineer Campでは10コースの選べるコースを用意しています。それぞれに特徴があり、使う技術も様々です。ご自身の強みを活かせるコースや興味のあるコースがあるはずです。

①交通系プラットフォームサービス開発🚲

DXチームで推進中の顧客プラットフォームサービスのエンハンス・新規サービス開発を行います。フューチャーでも珍しい、toC向けのサービス設計~開発経験が可能です。以下のいずれか、または複数にチャレンジする予定です。

  • Vue.js+TypeScriptでのフロントエンド開発(エンドユーザー向け機能開発や、管理者向け機能)
  • Go言語でのAPI設計、開発、テスト、データモデリング
  • Terraformを用いたInfrastructure as Codeで実現するAWS構築、エンハンス

こんな人にオススメ。

  • すでに稼働しているtoC向けのサービス開発を行いたい方
  • フロントエンド~バックエンド~インフラまで、幅広く技術領域を体験したい方

プロジェクトリーダーの壺屋さんからアツいメッセージです。

  • 「進捗度合・内容によっては、 実サービスへのリリース直接顧客への説明機会を設定します。サービス設計や開発だけでなく、実際のお客様への説明までチャレンジし、リアルサービスに爪痕を残したい方、ぜひお待ちしております!」

②スマート工場IoT設計開発🏭

フューチャー史上、(多分)初となる物理的な工場の設計とITを絡めたプログラミング設計開発支援を行います。以下の技術要素の中で面談の上で作業タスクを決めていきます

  • 生産設備の要であるPLCアクセスプログラム開発
  • AWSでTerraform用いたインフラ構築
  • サーバサイドアプリケーションをGo言語で開発

担当者の真野からのメッセージです。

  • リアル工場に興味がある学生さんこそ来たれ!君のコードが工場ラインを動かす(かも)。Web技術と工場の生産技術を合わせると、その超希少な人材になれます。多分担当は工場をハックするための基本知識とかPyConJP 2019に登壇しましたの記事を書いた栗田さんになるので、優しく受け入れてくれます。

2020/9/18 追記

インターンに参加してくれた齋藤さんがブログを書いてくれました。

③IoTプラットフォームバックエンド開発🏭

実際に稼働している、ミッションクリティカル(高い信頼性が求められるシステム)のバックエンドシステムを開発します。フューチャーでは貴重な広域・大規模な接続数(数十万規模)であり、多くの課題が山積みなので一緒に解決に導きましょう。

担当者の真野からのメッセージです。

  • 社会的にも意義が大きいプロジェクトです。IoTといってもきれいなところではなく、独特のツラミが多いのですが、特に今プロジェクト全てが詰まっています。笑
  • 泥臭いところを乗り越えて実現することに価値があると思います。チャレンジャー来たれ!

2020/9/15 追記

インターンに参加してくれた中山さんがブログを書いてくれました。

④大規模基幹系システムの現行システム解析👪

人材業界の大規模基幹系システムのダウンサイジングにおいて、ソースコードやPG実行ログなどのFACTに基づいた現行システムの解析手法を体験します。

こんな人にオススメ。

  • ITシステム2025年の崖 をご存知でしょうか? そこで指摘されている課題として、日本がITで成長していくための障害に現行システムの柔軟性が欠けるという点があります。それを突破するためには、システムに対してのデータに基づく緻密な分析が必要不可欠です
  • エンジニアスキルとデータアナリストの両面のスキルを伸ばしたい方
  • ソースコードに対してAST解析や、システムの実行ログを収集可視化したい方

2020/9/18 追記

インターンに参加してくれた中村さんがブログを書いてくれました。諸々の都合から実施タスクについてご本人と相談の上、一部変更を行っています。

⑤人材ビジネスビックデータ解析👪

人材業界のお客様が保持するビッグデータを活用して未来のあるべき姿を検討します。その中で、BIツールのTableauを活用したレポート開発📈を経験します。

こんな人にオススメ。

  • 複雑なデータを読みほどき、人間が理解できる形に可視化(ビジュアライズ)することに興味がある方
  • データアナリスト、データサイエンティスト寄りのエンジニアリングに興味がある方

⑥モビリティサービスプラットフォーム開発🚗

日本を代表するMaaSサービス提供会社のプロジェクトメンバーの一員として、車載器やスマホからリアルタイムで入る移動地点情報、センサー情報等のビックデータを取り扱うプラットフォームシステムでのチーム開発を経験します。

プロジェクトリーダーの吉田さんからアツいメッセージが届いています。

  • 「日本/世界の様々な業種のエンジニアが挑戦しているMaaSの世界を体験してみませんか? 日本における、最先端のMaaSビジネスを実現する企業のシステムに触れてみたい学生さんを募集します。MaaSの先の未来(スマートシティ、Society5.0)の世界につながる価値ある体験をしてみたいチャレンジャー来たれ!」
  • 日本のMaaSビジネスの最先端企業のもつシステム/データの現実に直接触れる機会を提供します。 MaaSの挑戦がどのようなものかを感じていただき、そこから沸き上がる発想やアイデアをソースコードで表現し、新しい価値を作り上げて下さい

2020/9/18 追記

インターンに参加してくれた岡部さんがブログを書いてくれました。

⑦マルチクラウド環境の技術検証・開発☁

社会的な影響を与えるクリティカルなシステムをマルチクラウド環境に構築するためインフラの技術検証、先行開発にチャレンジできます。以下の中から要望とスキルセットにあったものを経験していただきます。

  • AWS、GCP上へのTerraformによるInfrastracture as Codeな基盤構築
  • AWS、GCP上の複数環境へのデプロイをゴールとしたCI/CD環境構築
  • 電話、SMSなどを利用するコミュニケーションAPIの技術検証

⑧サブスクサービスのWebアプリケーション開発📰

メディア業界の業務を支えるフルクラウドWebアプリケーションサービスの開発を通じて、サブスクリプション型サービスにおけるチーム開発を経験します。

  • JavaScriptによるフロントエンド開発
  • Java/Goによるバックエンド開発

こんな人にオススメ。

  • メディア業界を支える技術に興味がある人
  • フューチャー自身が手掛けるSaaSサービスの裏側に興味がある人
  • フロントエンドからバックエンドまでのアプリケーションを開発したい方

⑨Webサービスのクラウドインフラ構築📰

メディア業界の業務を支えるフルクラウドWebアプリケーションサービスを支えるインフラ構築を経験します。
Terraform、Ansibleで実現する完全なInfrastructure as Codeの世界にふれます。

  • Terraform、Ansibleによるコードベースのインフラ構築・管理
  • スクリプト言語による各種ツール開発

こんな人にオススメ。

  • メディア業界を支える技術に興味がある人
  • フューチャー自身が手掛けるSaaSサービスの裏側に興味がある人
  • そういった仕組みのより基底となるインフラに興味がある人

⑩AI先端的モデル開発🏥

言語・画像・医療・エッジAIの先端的モデルの開発しようというテーマです。大学の研究ではなかなか触ることのできない生のデータを使い、最新のAI技術をビジネスに適用する経験ができます。現時点では詳細なタスクは決まっていませんが、興味、熱意、適性、経験等を判断して柔軟にタスクを決定したいと思っています。

参考までにAIチーム内で行っているタスクです(これ以外にも様々なタスクに取り組んでいます):

  1. チャットログの分析
  2. 顔画像診断
  3. AI-OCR
  4. ワクチン開発
  5. Edge AI

画像系のタスクやワクチン開発であれば、深層学習モデルの構築をやってもらう可能性大です。言語系のタスクでは、場合によっては深層学習ではなく旧来の機械学習アルゴリズムを使ったモデル開発から行う可能性があります。

どんなタスクでも実データにAI技術を適用するための泥臭い仕事なども経験できると思います笑

こんな人にオススメ。

  • 研究用の綺麗なデータじゃなくて実際のデータを触りたい
  • 業務で使われるAI技術の温度感を知りたい
  • 最先端のAIモデルを実データに応用してみたい

まとめ

なにはともあれマイページにエントリーをお願いします!
https://job.axol.jp/cr/s/future_22/mypage/login

たくさんのご応募をお待ちしています! 最後まで読んでいただいてありがとうございました。


  1. 1.未来報:https://note.future.co.jp/n/nee4d66fc5906 の編集長でもある方です。