Future Tech Blog
フューチャー技術ブログ

Marpで会社のスライドテンプレを作ってみる


フューチャー夏休み自由研究連載の8回目です。

はじめに

こんにちは。加藤周平です。

みなさん、Marpはご存じでしょうか?

Marpとは、Markdown記述形式でスライドを作成するができるツールです。VSCodeにインストールすることで、VSCode上でスライドの作成を行うことができるようになります。まさにあったらいいなが具現化したようなツールです。もちろん、Marpから作成されたスライドはパワポでの再編集も可能で、骨子づくりはMarp、仕上げはパワポ、なんて合わせ技も行えます。

今回はそんなMarpを業務でも平常利用できる状態に持っていくべく、スライドのテンプレートの仕込みをやってみたいと思います。

※基本的なMarpの理解や利用方法は以下の記事を参考にしました。
【VS Code + Marp】Markdownから爆速・自由自在なデザインで、プレゼンスライドを作る

目指すところ

こんなのをMarp上でも再現できないか、というのを試してみます。
※実際にフューチャーで利用されているスライドとは異なります。

MarpをVSCodeにインストール

VSCodeを開いて拡張機能から「Marp for VSCode」をインストールします。

themeの作成

CSSファイルの作成

今回は「future.css」をローカルのデスクトップ上に作成しました。

パスを通す

Ctrl + ,で設定を開き、Markdown: Stylesに作成したCSSファイルのパスを記載します。

続いてMarkdown> Marp:ThemesにCSSのファイル名を記載します。

template.mdfront-matterに以下を記載します。

1
2
3
4
---
marp: true
theme: future
---

これでCSSファイルとの紐づけが完了です。

テンプレ作り

あとはひたすらCSSを書いていくだけです。
結果はこうなりました。

う~ん。。。ぽい、けど遠い。。

コードはこんな感じです。

template.mdは以下

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
---
marp: true
theme: future
header: future
footer: Footer
---

# こんな感じになりました

---

future.cssは以下

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
/* @theme future */

@import 'default';

section {
width: 1920px;
height: 1080px;
font-size: 40px;
padding: 40px;
background-image: url(./logo.png);
background-repeat: no-repeat;
background-position: right top;
}

header {
width: 100%;
padding: 1px;
color: palevioletred;
background: linear-gradient(to right, palevioletred, white);
top: 120px;
}

footer {
width: 100%;
background-color: silver;
color: black;
text-align: left;
padding: 15px;
font-style: oblique;
}

h1 {
font-size: 90px;
color: #09c;
}

もやっとしたこと/次回への知見

  • headerは文字列不要だったのですが、mdのfront-matterにて空文字でheaderを宣言することができず、しかたなくfuture文字列を記載&backgroundの色に合わせて隠しています
  • footerやheaderクラスを複数宣言する方法が分からず、フッターのページ番号の実装までできませんでした(本当はfooterを複数重ねて表現したかった)
  • 今回はCSSの方で@import defaultを宣言し、Marpから提供されているスライドのテンプレの上にFutureスライドのテンプレを作っていく、というような作業を行いました。実際にテンプレを作成&社内配布することを考えた時にはimportせずに1から作っていく方が綺麗かなと思いました

終わりに

大した量を書いてませんがCSSを触るのは新人研修ぶりだったので勉強になりました。

Markdownで記載したものがすぐスライドに反映される挙動は軽快で、操作していてかなり気持ちが良かったです。