Future Tech Blog
フューチャー技術ブログ

CloudEndure Migration - 実践編


はじめに

こんにちは。
2020年1月中途入社、TIGの八巻です。

前回記事「CloudEndure Migration - 導入編」の続きです。
今回は、実際にCloudEndure Migrationを使った移行を実践したいと思います。

初期設定や用語等は、前回記事をご確認ください。

今回の環境構成図

CloudEndure Migrationを実施する環境は以下の通りです。

GCPに用意したGCEのVMインスタンスを、AWSへ移行してみます。
移行元のサーバーとして、以下のVMインスタンスを用意しました。

項目
名前 cloudendure-source
OS CentOS Linux release 7.8.2003 (Core)
マシンタイプ e2-micro(vCPU x 2、メモリ 1 GB)
ゾーン asia-northeast1-a
アプリケーション WordPress 5.5.3

AWSへ移行後、Wordpressにアクセスするまでを実践します。

作業の流れ

以下の流れで作業を実施します。

  1. 要件の確認
  2. CloudEnduereエージェントのインストール
  3. データレプリケーション
  4. ターゲットマシンの設定
  5. ターゲットマシンの起動
    1. テストモード
      1. ターゲットマシン起動
      2. 起動後の設定修正
    2. カットオーバー
      1. ターゲットマシン起動
      2. 起動後の設定修正(テストモードと同じ内容のため、省略)
  6. ターゲットマシンからエージェントのアンインストール

要件確認

CloudEndureを利用する要件を満たしているか確認します。

共通の要件確認

全OS共通で、以下の要件を満たしている必要があります。

項目 要件 備考
仮想化タイプ 準仮想化タイプはサポート対象外
EBSのマルチアタッチ EBSマルチアタッチ機能を使ったEC2インスタンスは、移行元のサーバーとしてサポート対象外 AWSからAWSへの移行を行う場合、確認が必要です。

仮想化タイプ

実行結果
1
2
[root@cloudendure-source ~]# lscpu | grep "Virtualization type"
Virtualization type: full

完全仮想化のため、OKです。

EBSのマルチアタッチ

今回は、GCEのため対象外。

LinuxOS固有の要件確認

LinuxOSは、以下の要件を満たしている必要があります。

項目 要件 備考
カーネルバージョン 2.6.18-164以前のカーネルバージョンはサポート対象外
Pythonバージョン 2.4以上、もしくは3.0以上 エージェントのインストールに必要です。
ブートローダー GRUBのみサポート
ファイルシステム root もしくは、bootがXFS5タイプのファイルシステムの場合、サポート対象外 xfsがNGなのか不明のため、今回検証してみようと思います。

カーネルバージョン確認

実行結果
1
2
[root@cloudendure-source ~]# uname -r
3.10.0-1127.19.1.el7.x86_64

2.6.18-164以降のため、OKです。

Pythonバージョン

実行結果
1
2
[root@cloudendure-source ~]# python --version
Python 2.7.5

2.4以上のため、OKです。

ブートローダーの確認

実行結果
1
2
[root@cloudendure-source ~]# ll /boot/grub2/grub.cfg 
-rw-r--r--. 1 root root 5323 Oct 13 05:43 /boot/grub2/grub.cfg

ブートローダーはgrubのため、OKです。

rootとbootのファイルシステム

実行結果
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
[root@cloudendure-source ~]# df -T
Filesystem Type 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
devtmpfs devtmpfs 498744 0 498744 0% /dev
tmpfs tmpfs 506876 0 506876 0% /dev/shm
tmpfs tmpfs 506876 6900 499976 2% /run
tmpfs tmpfs 506876 0 506876 0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda2 xfs 20754432 3063128 17691304 15% /
/dev/sda1 vfat 204580 11440 193140 6% /boot/efi
tmpfs tmpfs 101376 0 101376 0% /run/user/997
tmpfs tmpfs 101376 0 101376 0% /run/user/1000

/dev/sda2 xfs 20754432 3063128 17691304 15% /
Typeにxfsとありますが、NGとなるか検証したいと思います。

CentOS固有の要件・注意点確認

最後に、CentOS固有の要件を確認します。

引用元: Supported Operating Systems

Note3とNote4、Note7を見ろとあるので、確認します。

Note 3: Nitro instances (for example, the C5 and M5 family types) will work with RHEL 7.0+ and CentOS 7.0+ in AWS in a Linux environment and with Windows Server 2008 R2, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2016, and Windows Server 2019 in a Windows environment. Certain newer AWS regions only support Nitro instances and therefore only support the previously mentioned operating systems.

Nitroインスタンスが利用できるOSの種類について記載されています。
今回はCentOS7のため、Nitroインスタンスの利用がサポートされています。

Note 4: Kernel versions 2.6.32-71 is not supported in RHEL 6.0 and CentOS 6.0 in AWS.

RHEL6.0/CentOS6.0のカーネルバージョンが「「2.6.32-71」の場合、サポート対象外です。
今回はCentOS7のため、無関係です。

Note 7: A pre-requirement for installing the CloudEndure Agent on RHEL8 and CentOS 8 is first running the following:
sudo yum install elfutils-libelf-devel

RHEL8.0/CentOS8.0の場合、sudo yum install elfutils-libelf-develの実行が必要とあります。
今回はCentOS7のため、無関係です。

事前確認は以上です。
rootのファイルシステムがxfsなのが気になりますが、移行できるか検証してみたいと思います。

CloudEndureエージェントインストール

実際にCloudEndure Migrationを利用した移行を開始します。

エージェントのインストール手順

マシンの登録がない初期は、CloudEndureコンソールの「Machines」に記載があります。
また、画面上部にある「MACHINE ACTIONS…」の「Add Machines」からも確認が可能です。
※インストール用のTokenは、アカウント固有の情報のため伏せています。

エージェントのインストーラーを取得

以下のコマンドを実行して、CloudEndureエージェントのインストーラーを取得します。
※wgetは事前にインストールしておいてください。
wget -O ./installer_linux.py https://console.cloudendure.com/installer_linux.py

実行結果例
1
2
3
4
5
6
7
8
9
[root@cloudendure-source ~]# wget -O ./installer_linux.py https://console.cloudendure.com/installer_linux.py
--2020-11-05 14:20:04-- https://console.cloudendure.com/installer_linux.py
Resolving console.cloudendure.com (console.cloudendure.com)... 52.72.172.158
Connecting to console.cloudendure.com (console.cloudendure.com)|52.72.172.158|:443... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: 7659 (7.5K) [application/octet-stream]
Saving to: ‘./installer_linux.py’
100%[=========================================================================>] 7,659 --.-K/s in 0s
2020-11-05 14:20:05 (1.17 GB/s) - ‘./installer_linux.py’ saved [7659/7659]

実行時のログにもありますが、「console.cloudendure.com」を名前解決して、
IPアドレス「52.72.172.158」に接続しています。
これは、CloudEndure Service ManagerのIPアドレスです。

インストーラーが取得できない場合は、導入編にも記載していますが、
ネットワーク要件を満たしているか確認してください。

エージェントのインストーラーを実行

以下のコマンドを実行して、インストーラーを実行します。
※${インストール用Token}は、書き換えてください。
sudo python ./installer_linux.py -t ${インストール用のToken} --no-prompt

実行結果例
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
[root@cloudendure-source ~]# sudo python ./installer_linux.py -t XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX --no-prompt
The installation of the CloudEndure Agent has started.
Running the Agent Installer for a 64 bit system...
Connecting to CloudEndure Console... Finished.
Identifying disks for replication.
Disk to replicate identified: /dev/sda of size 20.0 GiB
All disks for replication were successfully identified.
Downloading CloudEndure Agent... Finished.
Installing CloudEndure Agent... Finished.
Adding the Source machine to CloudEndure Console... Finished.
Instance ID: XXXXXXXXXXXXXXXXXXX.
Installation finished successfully.

デフォルトでは、エージェントのインストールが完了すると同時にデータのレプリケーションが開始されます。

複数台の移行元サーバーに対して、エージェントを同時にインストールする場合、
同時にレプリケーションが実行されるとネットワーク環境によっては、占有してしまう要因になります。

インストール完了直後にレプリケーションを開始させたくない場合は、
インストーラー実行時に--no-replicationのオプションをつけることで防ぐことができます。

--no-replicationを使ってインストールが完了すると、CloudEnduereコンソールの「Machines」にマシンの登録のみ行われます。
レプリケーションを開始するには、「Machines」> 「MACHINE ACTIONS」メニューから、「Start/resume Data Replication」をクリックすることで実施可能です。

データのレプリケーション

エージェントのインストール完了後、CloudEndureコンソールの「Machines」に登録され、レプリケーションが開始します。

また、AWSコンソールでは、レプリケーションサーバの起動が確認できます。※今回はt3.smallで起動

登録されたマシンをクリックするとレプリケーションの状況が表示されます。
進捗状況は、パーセンテージと容量で表示されます。

補足ですが、登録されたマシン毎に、レプリケーションサーバーのスペックを変更することも可能です。
変更については「REPLICATION SETTINGS」から可能です。
今回は、レプリケーションサーバーのインスタンスタイプを「t3.medium」に変更してみます。

インスタンスタイプを変更して設定を保存すると、
指定したインスタンスタイプのレプリケーションサーバが起動されます。

変更後のレプリケーションサーバーの起動後、
変更前のインスタンスがレプリケーションで使用されていない場合、インスタンスは終了されます。

レプリケーションが完了すると以下のような画面が表示されます。

ちなみに、インスタンスタイプがt3.small、EBSのボリュームタイプがStandardのレプリケーションサーバだと、レプリケーション完了まで約20分かかりました。また、インスタンスタイプがt3.medium、EBSのボリュームタイプがStandardのレプリケーションサーバだと、約17分でレプリケーションが完了しました。

レプリケーションの速さについては、以下のページに記載があります。

The replication speed depends on 4 key factors:

The uplink speed from that server to the Replication Server and bandwidth available.
The overall disk storage.
The changes in the disk while it is replicating.
I/O speed of the storage itself.

参考ページ:Understanding Replication Speed

レプリケーションの速さについては、
移行元サーバーからレプリケーションサーバーへの通信速度とその間の帯域幅や
ストレージのI/O速度等が影響するようです。

ターゲットマシンの設定

データのレプリケーションが完了したら、ターゲットマシンの設定を行います。
登録されたマシンのページにある「BLUE PRINT」から設定を行います。

AWSに移行後のEC2は、ここで設定した内容で起動されます。

EC2インスタンスを起動する際の設定項目と類似しているため、
設定する項目や値については、そこまで悩むことはないと思います。

設定項目 内容 備考
MachineType EC2のインスタンスタイプを選択します。
LaunchType オンデマンド、専有ホスト、専有インスタンスなど、起動するテナント属性を選択します。
Subnet 既存のサブネット、もしくは新しく作成するかを選択します。
SecurityGroups セキュリティグループを設定します。新規に作成することも可能です。 新規作成の場合、ポート80、443、22、および3389が許可されます。本番として起動する場合は、事前に作成したものを設定してください。
PrivateIP プライベートIPアドレスを設定します。デフォルトでは、新規にプライベートIPが作成されます。 起動するサブネット内の範囲であれば、特定のプライベートIPアドレスを明示的に設定することも可能です。
Elastic IP Elastic IPアドレスを使用するか選択します。 Create Newを選択することで、新規にElasticIPアドレスを作成することが可能です
PublicIP(ephemeral) パブリックIPを使用するかどうかを選択します。 サブネット構成に従ってパブリックIPを使用するオプションもあります。これは、ElasticIPの設定がnoneの場合にのみ適用されます。
PlacementGroup プレイスメントグループを設定します。 この項目はオプションです。
IAMRole IAMRoleを設定します。
Use Existing Instance ID 既に作成済みのEC2インスタンスを選択します。 この項目はオプションです。ほとんどのユースケースで使用しない項目です。
Initial Target Instance State ターゲットマシンを起動した状態にするか、停止した状態にするか設定します。
Tags ターゲットマシンのタグを設定します。 この項目はオプションです。
Disks ディスクタイプを選択します。Standard、SSD、またはProvisioned SSDを選択できます。

参考ページ:Configuring the Target Machine Blueprint

今回は、以下のように設定しました。

設定項目 設定値 備考
MachineType t3.micro
LaunchType On demand
Subnet 事前に作成したパブリックサブネット
SecurityGroups Create New
PrivateIP Create New
Elastic IP None
PublicIP(ephemeral) Yes
PlacementGroup 設定なし
IAMRole 設定なし
Use Existing Instance ID 設定なし
Initial Target Instance State Started 起動した状態にします。
Tags Key:Name,Value:TargetMachine この項目はオプションです。
Disks SSD SSDの場合、gp2です、

ターゲットマシン起動

ターゲットマシンの起動は、テストモードとカットオーバーの2種類あります。

テストモード

テストモードでは、AWS環境で適切に起動できるかの検証が可能です。
少なくとも、本番切り替えの1週間前には、実施することが推奨されています。
テストモードで起動後、SSHやRDPでログインし、正しく起動できているか検証します。

ターゲットマシン起動

実際にテストモードでターゲットマシンを起動してみます。

「LAUNCH TARGET MACHINE」から、「Test Mode」をクリックする。

「CONTINUE」をクリックすると、ターゲットマシンが起動されます。

CloudEndureコンソールの「JobProgress」を確認すると、開始していることがわかります。

CloudEndureの裏の動きについては、AWSコンソールを観察してみます。

まず、コンバーターサーバーが起動されます。

コンバーターサーバーは、ディスクの変換処理を担っています。
変換処理が終わるとすぐに終了されます。

コンバーターサーバーの終了後、ターゲットマシンが起動されます

ターゲットマシンは、起動直後に停止されます。
よく見ると、1GBのストレージがアタッチされています。

停止されると、1GBのストレージがデタッチされ、インスタンスの情報からは見れなくなります。

最後にレプリケーション済みのボリュームがアタッチされた状態でインスタンスが起動されて完了です。

CloudEndureコンソールの「JobProgress」を確認すると、終了していることがわかります。

テストモードで起動したターゲットマシンに、SSHログインしてみます。

実行結果
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
$ ssh -i key-pair.pem yamaki@18.179.11.231
〜〜〜〜〜中略〜〜〜〜〜
Last login: Wed Nov 4 11:30:13 2020 from xx-xx-xx-xx.xx.xx.xx.xx.jp
[yamaki@ip-192-168-2-77 ~]$ sudo su -
最終ログイン: 2020/11/04 (水) 11:31:05 JST日時 pts/0
[root@ip-192-168-2-77 ~]# curl inet-ip.info
18.179.11.231
[root@ip-192-168-2-77 ~]# ifconfig
ens5: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 9001
inet 192.168.2.77 netmask 255.255.255.192 broadcast 192.168.2.127
inet6 fe80::43f:37ff:feb1:c202 prefixlen 64 scopeid 0x20<link>
ether 06:3f:37:b1:c2:02 txqueuelen 1000 (Ethernet)
RX packets 24939 bytes 7232780 (6.8 MiB)
RX errors 0 dropped 0 overruns 0 frame 0
TX packets 20605 bytes 3369355 (3.2 MiB)
TX errors 0 dropped 0 overruns 0 carrier 0 collisions 0

lo: flags=73<UP,LOOPBACK,RUNNING> mtu 65536
inet 127.0.0.1 netmask 255.0.0.0
inet6 ::1 prefixlen 128 scopeid 0x10<host>
loop txqueuelen 1000 (Local Loopback)
RX packets 0 bytes 0 (0.0 B)
RX errors 0 dropped 0 overruns 0 frame 0
TX packets 0 bytes 0 (0.0 B)
TX errors 0 dropped 0 overruns 0 carrier 0 collisions 0

SSHログインできました。
rootのファイルシステムが「xfs」でも、問題ないようです。

起動後の設定修正

SSHでログインできたので、WordPress接続に向けた設定修正を行います。

ログインした状態を見た感じ、ホスト名が変更されてますが、
今回はWordPressにアクセスするまでを目的としている為、修正しません。
必要に応じて修正してください。

続けて、WordPressの設定をEC2のグローバルIPアドレスに更新して、アクセスしてみます。

まず、WordPressのサイトURLをEC2のグローバルIPアドレスに変更します。

実行結果
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
[root@ip-192-168-2-77 ~]# mysql -u wordpress -p
Enter password:
Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 20
Server version: 5.5.65-MariaDB MariaDB Server
Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.
Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.
MariaDB [(none)]> use wordpress
Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A
Database changed
MariaDB [wordpress]> select * from wp_options where option_name = 'siteurl';
+-----------+-------------+--------------------------------+----------+
| option_id | option_name | option_value | autoload |
+-----------+-------------+--------------------------------+----------+
| 1 | siteurl | http://35.221.65.176/wordpress | yes |
+-----------+-------------+--------------------------------+----------+
1 row in set (0.00 sec)
MariaDB [wordpress]> update wp_options set option_value = 'http://18.179.11.231/wordpress' where option_name = 'siteurl';
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
Rows matched: 1 Changed: 1 Warnings: 0
MariaDB [wordpress]> select * from wp_options where option_name = 'siteurl';
+-----------+-------------+--------------------------------+----------+
| option_id | option_name | option_value | autoload |
+-----------+-------------+--------------------------------+----------+
| 1 | siteurl | http://18.179.11.231/wordpress | yes |
+-----------+-------------+--------------------------------+----------+
1 row in set (0.00 sec)

Apacheを再起動して、WordPressにアクセス/ログインしてみます。

アクセスできました。

テストモードで起動後、実際にサーバーに入って設定の修正が可能です。
本番切り替え前に、設定変更が必要な箇所の整理等に利用できます。

カットオーバー

テストが完了したら、カットオーバーを実施します。
カットオーバーすると、テストモードで起動したインスタンスは終了されます。

ターゲットマシン起動

テストモードのインスタンスを起動したまま、
カットオーバーを実施してみます。

カットオーバーの方法も、テストモードと同じです。

「LAUNCH TARGET MACHINE」から、「Cutover」をクリックする。

「CONTINUE」をクリックすると、ターゲットマシンが起動されます。

CloudEndureコンソールの「JobProgress」を確認すると、CutOverが開始されていることがわかります。

AWSのコンソールを確認すると、テストモードで起動したEC2インスタンスが終了後されていることがわかります。

(後続の動作は、テストモードと同一であるため、省略します。)

カットオーバーが完了しました。

起動後の設定修正

テストモードと同じく、SSHでログインして、
WordPressの設定を変更したあと、アクセスしてみます。
(作業内容はテストモードと同一であるため、省略します。)

アクセスできました。

ターゲットマシンからエージェントのアンインストール

カットオーバー完了後は、CloudEndureエージェントは不要となります。
ターゲットマシンからアンインストールを行います。

エージェントの停止

以下のコマンドをrootで実行して、エージェントを停止します。
/var/lib/cloudendure/stopAgent.sh

実行結果
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
$ /var/lib/cloudendure/stopAgent.sh
Killing agent: 1569
17818
17819
Killed Agent
Killing tailer: 1566
1668
1670
1672
Killed Tailer
Killing update_onprem_volumes: 1567
1636
1638
1639
Killed update_onprem_volumes
Killing run_linux_migration_scripts_periodically: 1568
1635
1637
1640
Killed run_linux_migration_scripts_periodically
Killing tail: 1691
Killed tail

インストール時の設定削除

以下のコマンドをrootで実行することで、起動設定などを削除できます。
/var/lib/cloudendure/install_agent --remove

実行結果
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
$ /var/lib/cloudendure/install_agent --remove
--- installing new driver
running: 'which update-rc.d'
which: no update-rc.d in (/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/root/bin)
retcode: 256
running: 'which chkconfig'
/sbin/chkconfig
retcode: 0
running: 'chkconfig --del ce-agent'
retcode: 0
running: 'chkconfig --del ce-convert'
retcode: 0
running: 'which systemctl'
/bin/systemctl
retcode: 0
running: 'systemctl disable ce-agent.service'
ce-agent.service is not a native service, redirecting to /sbin/chkconfig.
Executing /sbin/chkconfig ce-agent off
retcode: 0
running: 'systemctl disable ce-convert.service'
ce-convert.service is not a native service, redirecting to /sbin/chkconfig.
Executing /sbin/chkconfig ce-convert off
retcode: 0
running: 'visudo -c -f /etc/tmpVciTv8'
/etc/tmpVciTv8: parsed OK
/etc/sudoers.d/google_sudoers: parsed OK
retcode: 0

あとは、インストーラーやCloudEndureのログファイルなど、適宜削除してください。

まとめ

2回に分けて、CloudEndureについて、記述しました。
移行元のサーバーを起動したまま、サーバーをまるごと移行できるのが
CloudEndure Migrationの強みです。

CloudEndure自体の利用は無料のため、試してみてはいかがでしょうか。

参考リンク