フューチャー技術ブログ

GoとAWS LambdaのためのMakefile


筒井です。

GoとAWS LambdaのためのMakefileを整理しました。
Lambda Functionの増加と同時に増えていくターゲットにはオサラバです。

前提・ディレクトリ構造

次のようなディレクトリ構造を前提としています。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
.
├── dist
│   ├── func1
│   └── func2
├── handler
│   ├── func1
│ │   └── main.go
│   └── func2
├── lib1
│   ├── lib1.go
│   └── lib1_test.go
├── lib2
├── go.mod
├── go.sum
├── Makefile
└── serverless.yml
  • dist : ビルドしたバイナリの出力先。このディレクトリを固めてデプロイします
  • handler/funcN : 各Lambda Function用のパッケージ
  • lib1, lib2 : Lambda Functionが依存するパッケージ(ライブラリ)

またデプロイはServerless Frameworkを使用することを想定しています。
次のようにServerlessの設定を書けば、良い感じにバイナリのみをデプロイ出来るようにします。

1
2
3
4
5
6
# serverless.yml
package:
exclude:
- ./**
include:
- dist/**

Makefile

各Lambda Functionを一気にビルドするためのMakefileです。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
# Makefile
GO := go
GO_BUILD := $(GO) build
GO_ENV := CGO_ENABLED=0 GOOS=linux
GO_FLAGS := \
-ldflags="-s -w"
SUFFIX := .go

.PHONY: all
all: handlers

DEPFILES :=

LIBS := \
lib1 \
lib2
DEPFILES += $(LIBS:%=%/*$(SUFFIX))

LAMBDA_HANDLER_DIR := handler
LAMBDA_HANDLERS := \
func1 \
func2
DEPFILES += $(addprefix $(LAMBDA_HANDLER_DIR)/, $(LAMBDA_HANDLERS:%=%/*$(SUFFIX)))
DIST_DIR := dist
TARGETS := $(LAMBDA_HANDLERS:%=$(DIST_DIR)/%)

$(DIST_DIR)/%: $(LAMBDA_HANDLER_DIR)/% $(DEPFILES) go.sum
$(GO_ENV) $(GO_BUILD) $(GO_FLAGS) -o $@ ./$<

.PHONY: handlers
handlers: $(TARGETS)

.PHONY: clean
clean:
$(GO) clean
rm -rf $(DIST_DIR)

これだけだと黒魔術に近いので解説していきます。
変数の扱いがわかりにくと思いますので、コメントで展開例を記載しています。

まずターゲット handlers の依存に、各バイナリを追加します。

1
2
3
4
5
# TARGETS := dist/func1 dist/func2
TARGETS := $(LAMBDA_HANDLERS:%=$(DIST_DIR)/%)

.PHONY: handlers
handlers: $(TARGETS)

各バイナリのビルド方法を書きます。
自動変数 $< の手前につけた ./ は、相対パスでパッケージを指定する際は必須です。

1
2
3
4
# dist/func1: handler/func1 handler/func1/main.go ... go.sum
$(DIST_DIR)/%: $(LAMBDA_HANDLER_DIR)/% $(DEPFILES) go.sum
# CGO_ENABLED=0 GOOS=linux go build -ldflags="-s -w" -o dist/func1 ./handler/func1
$(GO_ENV) $(GO_BUILD) $(GO_FLAGS) -o $@ ./$<

依存の $(DEPFILES) 以下が無くてもビルドは可能です。
しかしここで各ソースファイルを指定しておかないと、Makeがソースの変更を検知できません。

$(DEPFILES) には、各パッケージ配下の .go ファイルを集めています。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
DEPFILES := 
LIBS := \
lib1 \
lib2
# DEPFILES += lib1/*.go lib2/*.go
DEPFILES += $(LIBS:%=%/*$(SUFFIX))

LAMBDA_HANDLER_DIR := handler
LAMBDA_HANDLERS := \
func1 \
func2
# DEPFILES += handler/func1/*.go handler/func2/*.go
DEPFILES += $(addprefix $(LAMBDA_HANDLER_DIR)/, $(LAMBDA_HANDLERS:%=%/*$(SUFFIX)))

これで make handlers で一度に全てのバイナリがビルドできるようになりました。

また make -j で並列実行も出来て便利です。Lambda Functionを追加した際には、LAMBDA_HANDLERS を追記するだけでOKです。

make func1make func2…と繰り返すのと比べると、「Makefileは直したけどCIの設定ファイルを直してなかった!」なんてことも無く安心ですね。