フューチャー技術ブログ

GoがApple Siliconにネイティブ対応したのでベンチマークをとってみました

  • 澁川喜規
  • Go

Goアドベントカレンダーその5です。

ARMなMacが出るとWWDCで発表されてから首を長くしてまっていて、発表と同時にMacBook Proを買って、アプリケーションのARMネイティブ対応がされているかいろいろインストールして試してみたりしています。まだ発売されて2週間足らずですが(といっても、みんな開発キットをつかって以前から準備したようですが)、動作しているアプリケーションは多いです。発売後にも、Erlang、Node.jsあたりはmasterブランチにパッチが入りました。Goも、昨日パッチがマージされました。

業務利用が多い言語のうちの一つということで、手元のPCで軽くベンチマークをとってみました。使った機種は3つです。

  • 2020モデルのM1のMacBook Pro
  • 2020モデルの10th Gen Core i5のMacBook Air
  • Ryzen 9 4900HSのASUSのZephyrus G14

前2つがTDP 10Wクラスの中、RyzenだけTDP 35Wでだいぶ上のクラスではあります。ベンチマークはgithub.com/SimonWaldherr/golang-benchmarksを利用しています。Goはmasterの0433845をとってきて、Intel Mac上から、bootstrap.bashでarm64/darwin、amd64/darwin、amd64/windowsの3セット作って使いました。コア数はそれぞれ8(低速4+高速4)、8(物理4、論理8)、16(物理8、論理16)と構成に違いはあるものの、特にマルチスレッド性能を測るテストはなく、-cpuオプションを設定しても結果は違いがなかったので、デフォルト値で実行しています。

ベンチマークの数値の結果はこちらです。Goのベンチマークはタスクごとの経過時間で出てくるので、MacBook Airの結果を100として相対値をとってグラフにしたのが以下の図です(項目が多くてラベルが半分非表示になっていますが)。グラフは短いほど高速です。

たまにハッシュ計算とかでかなり遅いものがありますが、おそらくCPUの命令を駆使して高速化、みたいなのがまだきちんと行われていない領域だと思うので、そこはコミットチャンスかと思います。あと、Boolのパースがなぜか遅い。といっても1.5nsと0.3nsとかなので割合でみるとすごい遅く見えますが、実際には影響は少ないかと。

大雑把にみると、MacBook AirのCore i5に比べて概ね1.5〜2倍ぐらい高速ですね。Ryzenに対してもかなり高速。この2機種とも、今年の頭のモデルで比較的新しくてそこまで遅くないのですけどね。ただ、Ryzen機が暖かいので(GeForceのGPUのおかげかもしれませんが)、寒い冬にはとても優しいので、個人的にはRyzen優勝にしたいと思います。

詳細な結果は以下の通り。単位はnsで、数字が小さいほど高速です。

M1 M1(rosetta) Core i5-1030G7 Ryzen 9 4900HS
BenchmarkBase64decode-8 75.52 124 113.6 112.8
BenchmarkBase64regex-8 13271 18101 22755 24957
BenchmarkNumberRegEx-8 8616 11622 15494 17492
BenchmarkFulltextRegEx-8 7098 9619 12552 13851
BenchmarkNumberParse-8 54.91 63.28 69.32 70.62
BenchmarkFulltextParse-8 783.4 949.1 1020 955.1
BenchmarkConcatString-8 23788 40679 48756 70460
BenchmarkConcatBuffer-8 4.792 7.568 8.636 6.425
BenchmarkConcatBuilder-8 2.662 3.659 4.594 2.595
BenchmarkContains-8 5.465 9.55 10.23 7.279
BenchmarkContainsNot-8 6.993 10.45 11.29 7.489
BenchmarkContainsBytes-8 6.198 10.21 11.55 8.718
BenchmarkContainsBytesNot-8 7.74 11.2 13.31 8.996
BenchmarkCompileMatch-8 80.4 121.3 111.1 111.1
BenchmarkCompileMatchNot-8 35.95 65.89 55.98 55.14
BenchmarkMatch-8 870.8 1261 1969 1745
BenchmarkMatchNot-8 837.3 1237 1875 1697
BenchmarkForMap-8 20.56 22.97 29.94 23.39
BenchmarkRangeMap-8 55.31 58.52 88.86 69.77
BenchmarkRangeSlice-8 3.8 3.865 3.758 2.619
BenchmarkRangeSliceKey-8 4.528 4.545 5.23 3.617
BenchmarkAdler32-8 764.9 830.3 1007 714.6
BenchmarkBlake2b256-8 2612 4930 2561 2105
BenchmarkBlake2b512-8 2626 4958 2580 2167
BenchmarkBlake3256-8 6339 エラー 3460 2782
BenchmarkMMH3-8 413.4 468.5 431 345
BenchmarkCRC32-8 1098 139.2 140.5 163.7
BenchmarkFnv128-8 4924 7617 3448 6084
BenchmarkMD5-8 3566 4345 3283 2635
BenchmarkSHA1-8 5789 4247 2924 2041
BenchmarkSHA256-8 10865 7832 6361 4346
BenchmarkSHA512-8 7801 3987 4685 2939
BenchmarkSHA3256-8 4575 6080 8312 9898
BenchmarkSHA3512-8 7929 10540 14666 17115
BenchmarkWhirlpool-8 35819 44605 59697 41050
BenchmarkMapStringKeys-8 82.45 104.4 107.5 132.5
BenchmarkMapIntKeys-8 49.72 73.35 74.43 87.11
BenchmarkJsonMarshal-8 1422 1981 3076 1907
BenchmarkJsonUnmarshal-8 5496 7963 10694 8788
BenchmarkMathInt8-8 0.3465 0.3442 0.342 0.2602
BenchmarkMathInt32-8 0.3505 0.3478 0.3656 0.29
BenchmarkMathInt64-8 0.3558 0.3552 0.3588 0.26
BenchmarkMathAtomicInt32-8 7.132 7.864 6.562 4.258
BenchmarkMathAtomicInt64-8 7.07 7.758 7.079 4.231
BenchmarkMathMutexInt-8 12.45 15.07 18.69 8.776
BenchmarkMathFloat32-8 0.3594 0.3636 0.377 0.3438
BenchmarkMathFloat64-8 0.3551 0.348 0.3946 0.2866
BenchmarkParseBool-8 1.598 0.3529 0.3532 0.3208
BenchmarkParseInt-8 12.31 13.28 20.09 14.93
BenchmarkParseFloat-8 72.39 80.48 137.3 101.6
BenchmarkMathRand-8 12.82 15.15 24.15 18.27
BenchmarkCryptoRand-8 109.9 147.7 202 285.2
BenchmarkCryptoRandString-8 119.1 146.1 202.5 175.8
BenchmarkMatchString-8 5371 7498 9923 10558
BenchmarkMatchStringCompiled-8 529.2 551.9 670.8 538.3
BenchmarkMatchStringGolibs-8 523.5 559.2 659.5 538.2