フューチャー技術ブログ

Goのデバッグ環境 on VSCode


はじめに

こんにちは。TIG/DXユニットの富山です。

私の使用するテキストエディタはVim一択でしたが、最近はVSCodeに浮気気味です。(言わずもがな Vimプラグインは入れています)

今回はVSCodeでGo言語用のデバッグ環境をテーマします!

環境構築

前提条件:

  1. VSCodeがインストール済であること
  2. Goがインストール済であること

Step 1:プラグインのインストール

Googleが公開しているVSCode用のGoプラグインである、Go for Visual Studio Codeをインストールします。(2020年6月に開発管理がMicrosoftからGoogleのGo開発チームへ移管されました)。

インストールが終わったら、Goプラグインに必要な各種ツールをインストールしていきます。

  1. コマンドパレットを開く(Windows: Ctrl + Shift + p / Mac: Command + Shift + p
  2. >Go: Install/Update Tools と入力する。
  3. 表示されるツールから任意のツールにチェックを入れる。
  4. OK ボタンを押下

VSCode上のターミナルに下記表示がされたら成功です。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
Tools environment: GOPATH=C:\Users\username\go
Installing 16 tools at C:\Users\username\go\bin in module mode.
gocode
gopkgs
go-outline
go-symbols
guru
gorename
gotests
gomodifytags
impl
fillstruct
goplay
godoctor
dlv
gocode-gomod
godef
golint

Installing github.com/mdempsky/gocode (C:\Users\username\go\bin\gocode.exe) SUCCEEDED
Installing github.com/uudashr/gopkgs/v2/cmd/gopkgs (C:\Users\username\go\bin\gopkgs.exe) SUCCEEDED
Installing github.com/ramya-rao-a/go-outline (C:\Users\username\go\bin\go-outline.exe) SUCCEEDED
Installing github.com/acroca/go-symbols (C:\Users\username\go\bin\go-symbols.exe) SUCCEEDED
Installing golang.org/x/tools/cmd/guru (C:\Users\username\go\bin\guru.exe) SUCCEEDED
Installing golang.org/x/tools/cmd/gorename (C:\Users\username\go\bin\gorename.exe) SUCCEEDED
Installing github.com/cweill/gotests/... (C:\Users\username\go\bin\gotests.exe) SUCCEEDED
Installing github.com/fatih/gomodifytags (C:\Users\username\go\bin\gomodifytags.exe) SUCCEEDED
Installing github.com/josharian/impl (C:\Users\username\go\bin\impl.exe) SUCCEEDED
Installing github.com/davidrjenni/reftools/cmd/fillstruct (C:\Users\username\go\bin\fillstruct.exe) SUCCEEDED
Installing github.com/haya14busa/goplay/cmd/goplay (C:\Users\username\go\bin\goplay.exe) SUCCEEDED
Installing github.com/godoctor/godoctor (C:\Users\username\go\bin\godoctor.exe) SUCCEEDED
Installing github.com/go-delve/delve/cmd/dlv (C:\Users\username\go\bin\dlv.exe) SUCCEEDED
Installing github.com/stamblerre/gocode (C:\Users\username\go\bin\gocode-gomod.exe) SUCCEEDED
Installing github.com/rogpeppe/godef (C:\Users\username\go\bin\godef.exe) SUCCEEDED
Installing golang.org/x/lint/golint (C:\Users\username\go\bin\golint.exe) SUCCEEDED

All tools successfully installed. You are ready to Go :).

Step 2:デバッガツール delve のインストール

今回はGoのデバッグツールである、delve を使用します。

Step1-3. 表示されるツールから任意のツールにチェックを入れる。

にて、 dlv にチェックを入れている場合、VSCode側でインストールを行ってくれるので、このステップは飛ばして大丈夫です。

インストールを行うために、下記コマンドを実行します。

1
$ go get -u github.com/derekparker/delve/cmd/dlv

インストールが完了したら、ターミナル上で dlv コマンドが実行できることを確認してください。

1
2
3
4
$ dlv version
Delve Debugger
Version: 1.5.0
Build: $Id: ca5318932770ca063fc9885b4764c30bfaf8a199 $

使ってみた

それではVSCodeからデバッグを行ってみましょう。

手始めにVSCodeで簡単なGoプログラムを書いてみます。

main.go
1
2
3
4
5
6
7
8
package main

import "fmt"

func main() {
msg := "hello world"
fmt.Println(msg)
}

デバッグのセットアップ

launch.json の作成

  1. VSCodeの RUN コンソール画面に移動
  2. create a launch.json file. を押下
  3. VSCode中央上部に Select Environment と表示されるので、 Go Dlv (Experimental) を選択

上記 3終了後に .vscode/launch.json ファイルが生成されます。

デフォルトでは、typeフィールドが "type": "godlvdap" となっているので、"type": "go" へ書き換えましょう。

launch.json
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
{
// Use IntelliSense to learn about possible attributes.
// Hover to view descriptions of existing attributes.
// For more information, visit: https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=830387
"version": "0.2.0",
"configurations": [
{
"name": "Launch",
// "type": "godlvdap",
"type": "go",
"request": "launch",
"mode": "auto",
"program": "${fileDirname}",
"env": {},
"args": []
}
]
}

ちなみに、単体テストのデバッグを行う場合は、下記のように設定します。

launch.json(一部抜粋)
1
2
3
4
5
6
"mode": "test",
"args": [
"-test.v",
"-test.run",
"TestYourFunc"
],
  1. args-test.v とすることで verboseモード
  2. テスト関数単位で実行する場合は -test.run と置き、対象とするテスト関数名を記載します(例だと TestYourFunc

今回は紹介しませんが、launch.json には他にも予約語の属性が存在するので、興味をお持ちの方はこちらをご参照ください。

いざ、デバッグ

さぁ、実行してみましょう。

9行目にブレークポイントを設定してみます。(行番号の左側をクリックで設定)

赤丸が該当行左側に表示されたら、設定完了です。

ブレークポイントの設定が終わったら、 F5キーで実行してみます。

RUNコンソールのVARIABLES部分にて、ブレークポイントで設定した行の変数の中身が確認できていますね。これは便利です。


また、VSCode画面中央上部に表示されているパネルでContinueをはじめ、Restartなどの操作ができます。

関連情報

VSCodeのGo周りでは多賀さんの記事もオススメです。

市川さんの記事のVSCodeの拡張機能の共有方法すると便利です。

おわりに

これでデバッグ用にPrint文を埋め込んだままcommitしてしまう自分にオサラバです👋

デバッグ機能をフル活用して快適な開発ライフを。