Future Tech Blog
フューチャー技術ブログ

Tagged: Docker

ProxyとDockerと新人社員と時々わたし

学生から社会人になると様々な環境の変化が起きてそれに適応していくのが大変なのが世の常ではありますが、現代社会の仕事において切っては切れないPC周りの設定も変わってきます。特に会社ではあらゆる驚異から大切な情報を守るために、家庭用PCとはまた異なるセキュリティが組まれていることが往々にしてあり、ITを生業とする会社であっても設定周りで苦労することがあります。そこで、会社に入って設定される用語とその機能関係、そしてそれによって影響を受ける開発環境(特にDocker)について、簡単にまとめます。ここでのキーワードは以下のとおりです。
Read more

「Go on DockerスタイルでのバックエンドAPI構築」というテーマでGo Conference’20 in Autumn SENDAIに登壇しました

TIGの伊藤真彦です先日[Go Conference’20 in Autumn SENDAI]に登壇させていただきました、リモート登壇の為残念ながら現地には行きませんでした。![image.png]発表資料はこちらです。
Read more

Buildpacksのビルダーをスクラッチから作ってみる

TIGの渋川です。[CNCF連載]の第4回は、CNCFのSandboxプロジェクトのBuildpacksについて紹介します。* https://buildpacks.io
Read more

「2020年代のコンテナ時代のPythonアーキテクチャ&デプロイ」というテーマでPyCon.jp 2020で発表してきました

初のオンライン&Python 2サポートが終了したあとのPyCon.jpという節目のイベントで発表してきました。![IMG_0039.PNG]発表資料はこちらになります。
Read more

仕事でPythonコンテナをデプロイする人向けのDockerfile (2): distroless編

Goではそこそこ実績も増えつつある気がするdistroless。シェルが入っていないくて、ログインされることもなく安全というGoogle製のDockerイメージです。Python3はまだexperimentalですが、実は小さいと言われるalpine版よりも、イメージサイズが半分ぐらいだったりもします。distrolessでは3.7しかないので、3.7のイメージ同士の比較です。
Read more

仕事でPythonコンテナをデプロイする人向けのDockerfile (1): オールマイティ編

Pythonで書かれたアプリケーションをDockerイメージにする堅い方法の紹介です。イメージサイズを少しでも削ろう!とかではなくて実用性重視の方向です。今回は第一弾ということで、Debianベースのイメージを使う方法を紹介します。
Read more

AWS Glueの単体テスト環境の構築手順

当記事では、AWS Glue をローカル環境で単体テストするための環境構築方法についてまとめました。
Read more

Let's Try GCP #1 ~Cloud Run Buttonを使った楽々コンテナデプロイをやってみた~

Cloud Run Buttonを使ったコンテナデプロイにチャレンジしていきます
Read more

Tags