Future Tech Blog
フューチャー技術ブログ

Tagged: Python

Buildpacksのビルダーをスクラッチから作ってみる

TIGの渋川です。[CNCF連載]の第4回は、CNCFのSandboxプロジェクトのBuildpacksについて紹介します。* https://buildpacks.io
Read more

「2020年代のコンテナ時代のPythonアーキテクチャ&デプロイ」というテーマでPyCon.jp 2020で発表してきました

初のオンライン&Python 2サポートが終了したあとのPyCon.jpという節目のイベントで発表してきました。![IMG_0039.PNG]発表資料はこちらになります。
Read more

Airflow の SLA設定方法

TIG DXチームの多賀です。Airflowの SLA 設定方法を紹介します。sla_miss_callback 関数は以下の引数が必要
Read more

Pythonによるパッケージ開発

最近業務ではGoを書くことが増えてきましたが、私は以前Pythonをよく書いていました。今回はPythonの開発をスムーズに行っていく方法について記載します。
Read more

初めてのOSSコミュニティ活動〜ドキュメント翻訳やってみた。カンファレンススタッフもやってみた。〜

2017年新卒入社の永井です。小売流通系のPJに所属しており、前回はVue.jsに関する記事を書きました。2020年はコロナ禍ということもあり、夏休みを取っても予定がないという人も多いのではないでしょうか。そんな時間があるときには、普段仕事や趣味でお世話になっているOSSやOSSコミュニティへの貢献をするといった過ごし方はいかがでしょうか。でもいざgithubを開いて、イシューを覗いてみると、どうも自分には出来なさそうな難しいものばかりに見えてなかなかハードル高いですよね。
Read more

Kaggleにワクチン開発用のデータを公開しました & コード解説

こんにちは。SAIG所属の農見と申します。この度、研究で用いた[B細胞エピトープ予測用データセット]を公開したので、その解説をします。簡単に言うと、B細胞エピトープが分かればワクチン作成の大きな助けになる、だからCOVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2が持つタンパク質のB細胞エピトープを予測して...
Read more

PythonユーザーのためのGraalVM

ちょうど一年ぐらい前にGraalVMが商用利用可能な安定版に達し、Enterprise版もリリースされたというニュースがあります。 GraalVMにはPython機能もあると宣伝されているものの、詳しい説明が行われることがなく、それが何者で、どのようなステータスで、どこを目指しているのか、きちんと答えられる人は(日本どころか世界でも)ほぼいないでしょう。GraalVMそのものの説明はちょくちょく出てくるようになってきたと思いますが、そのPythonの機能についてはあまり説明されていないため、Python部分にフォーカスして紹介します。
Read more

MLflowで実験管理入門

今回は、機械学習の実験管理入門をテーマにMLflowについてご紹介させていただきます。
Read more

仕事でPythonコンテナをデプロイする人向けのDockerfile (2): distroless編

Goではそこそこ実績も増えつつある気がするdistroless。シェルが入っていないくて、ログインされることもなく安全というGoogle製のDockerイメージです。Python3はまだexperimentalですが、実は小さいと言われるalpine版よりも、イメージサイズが半分ぐらいだったりもします。distrolessでは3.7しかないので、3.7のイメージ同士の比較です。
Read more

仕事でPythonコンテナをデプロイする人向けのDockerfile (1): オールマイティ編

Pythonで書かれたアプリケーションをDockerイメージにする堅い方法の紹介です。イメージサイズを少しでも削ろう!とかではなくて実用性重視の方向です。今回は第一弾ということで、Debianベースのイメージを使う方法を紹介します。
Read more

Tags