Future Tech Blog
フューチャー技術ブログ

Tagged: Vue.js

2020年秋にVue.jsのアプリケーションを作るなら、押さえておきたい5つのポイント

TIGの伊藤真彦です。ここ最近はVue.jsでのフロントエンド開発を行っています。ほぼ何もない状態からのスタート段階から始めたのですが、その際調査したことが学びになったので共有します。
Read more

CheetahGrid+Vue.jsをエンプラで使ってみた

こんにちは!今回は[CheetahGrid][cheetahgrid-hp]+[Vue.js][vue-hp]でエンプラ系システムを構築した際の、採用した理由と実装のポイントのご紹介をしようと思います。[CheetahGrid][cheetahgrid-hp]について存じ上げないよーとか、触ったことがないよーという方は、[入門編][beginner-link]も御覧くださいね。初めての投稿ですが、最後までお付き合いいただければ嬉しいです。
Read more

ANTLRを業務で活用した話

皆さんは[ANTLR]をご存知でしょうか?ANTLRとはparser(構文解析器)を生成するためのツール(パーサジェネレータ)で、以下のような特徴があります。
Read more

Vue.jsで最速に始めるCheetah Grid

2019年入社、TIG所属の吉野貴大です。今回、記事を投稿することになったきっかけは、フューチャー発のOSSであるCheetah Gridを使用した業務システム開発に携わったことです。また、現在、Cheetah Gridの[公式ドキュメント]は英語のみで公開されており、日本語で解説された記事などがあまり存在しないことも挙げられます。そこで、Cheetah Gridは機能も豊富で、業務システム開発で使いやすいため本記事で紹介します。※本記事は入門者対象です。
Read more

日本製HeadlessCMSのmicroCMSを触ってみた

TIG DXチーム アルバイターの三村です.今回はHeadlessCMSを利用したタスクをやることになりました.私自身HeadlessCMSどころかCMSを聞いたことすら無かったので,初めてCMS使ってみるにあたって感じたことを共有出来たらと思い本記事を作成させていただいております.
Read more

Vue.jsのslotの機能を初心者にわかるように解説してみた

東郷さんによる「Vue.js最初の難関、「props down, event up」を初心者にわかるように解説してみた」はご覧になられましたでしょうか?おそらくVue.js最初の難関は無事乗り越えられたと思います!今回は「Vue.js初心者にわかるように解説してみた」第二弾として、props down,event up と同様に親子関係が肝となる、「slot」について、初心者に向けて説明していきたいと思います。
Read more

Vue.js最初の難関、「props down, event up」を初心者にわかるように解説してみた

今回はVue.jsの最初の難関(だと思っている)「props down, event up」について、初心者が読んでもわかるような資料を用意してみようと思います。 プロジェクトで独自のコンポーネントを作ったり、会社として用意しているコンポーネントの利用、改良ができるようになってもらいたいという思いから、その導入を解説しようということです。
Read more

その値、Vue.jsは監視していますか?~Vue.jsで値が更新されないときに気をつけるところ~

私が所属するコアテクノロジーチームでは、Futureの各プロジェクトでの生産性・品質向上および設計開発プロセスの標準化を目標に、内製ライブラリ・フレームワーク・インフラ等の提供を行っております。そんな内製フレームワークの一部として採用されているのがVue.jsです。フレームワーク自体の設計開発を行う一方、顧客・プロジェクト向け画面の開発を行うために、自分たちもそのフレームワークを用いた開発を行う機会がありました。今回はそんなとある画面開発をするにあたって、私がVue.jsをキャッチアップしていく過程の中で遭遇したトラブルに関する解決方法を共有します。
Read more

Auth0 EmailまたはSMSを使ったパスワードレス認証を設定する

Auth0が提供するVue.jsのサンプル実装をベースに説明します。手元で動作確認をする場合は、下記を事前にcloneしてください。このリポジトリにある01-Loginのディレクトリにあるアプリケーションを使います。
Read more

Auth0 導入編

様々なシステムを構築する中で必ず発生する要素「ログイン」。そのログインを支える技術要素「認証・認可」。しかし、認証認可の壁は無駄に高く、調べ始めるとまずは数々の専門用語に阻まれ 「BASIC認証・Oatuh・OpenID・Jwt・Jwk・Jwe…」、 次に認証Flowに阻まれます。「Implicit Flow、Client Credentials Flow...etc」。これらを比較的容易に実装する、Auth0を紹介していきます。
Read more

Tags