フューチャー技術ブログ

Go1.16 タグの記事一覧 8件

Go 1.16のembedとgo-swaggerを組み合わせてフルスタック自動生成フレームワークを作る

Go 1.16のembedとchiとSingle Page Application、Go 1.16のgo:embedとNext.jsの相性が悪い問題と戦うに近い感じの研究記事です。
Read more

Go 1.16のgo:embedとNext.jsの相性が悪い問題と戦う

前エントリーのGo 1.16のembedとchiとSingle Page Applicationでは、Vue.jsで生成したファイルをバンドルしました。Vue.jsや、Parcel V2でビルドしたコンテンツを配信するにはこれで問題ありません。しかし、React(Next.js)は要注意です。フロントエンドの環境整備をどうやって行うかはいつも悩みの種ですが、そんな中、僕が3年ほど前から他の人にお勧めしていたのがNext.jsでした
Read more

Go 1.16のembedとchiとSingle Page Application

シングルページアプリケーションは、一つのHTMLファイルであらゆるページを表現します。history APIを使ってそのようなページが実際にあるかのように振る舞います。一方で、画面がリロードされたとき、メールでSNSでシェアされたときにその該当ページをきちんと再現するためには、サーバー側でハンドリングを行う必要があります。
Read more

Go 1.16のsignal.NotifyContext()

Go 1.16リリース記念連載の最終回はsignal.NotifyContextです。ご存知のように、Go 1.7でcontext.Contextが入ってから、少しずついろいろなAPIがContext対応になりました。
Read more

Go1.16からのio/ioutilパッケージ

Go1.16でアップデートがあった io/ioutil パッケージが deprecated になる話題のまとめです
Read more

Go 1.16のgo installについて

Go 1.16連載の2つ目となるこの記事では、Go 1.16で機能追加された go install について説明します。
Read more

Go 1.16からリリースされたgo:embedとは

TIGの伊藤真彦です。この記事はGo 1.16連載の1記事目です。トップバッターとして`go:embed`について記事を書きます。プロポーザルとなるissueは[こちら]、2020年9月のissue作成から約5ヶ月の時を経て`go:embed`がリリースに含まれることになりました。
Read more

Go 1.16連載が始まります

毎年2月と8月はGoの新バージョンがリリースされます。2021年2月は1.16です。本ブログでは1.16のリリースを記念してGo 1.16の新機能を紹介する集中連載を行います
Read more

タグから記事を探す