Future Tech Blog
フューチャー技術ブログ

Tagged: GoCDK

Serverless連載3: Goでサーバーレス用の検索エンジンwatertowerを作ってみました

クラウドサービスが充実してくるにつれて、サーバーレスではいろいろなことができるようになっています。HTTPサーバーは動きますし、RDBやNoSQLなストレージも使えますし、PubSubみたいなサービスも利用できます。これらを駆使するとそこそこ複雑な処理も記述できます。一方で、上から下までサーバーレスにしようとするとできないものもいくつかあります。例えば、RDBも使えるといっても制約があり、LambdaやCloud ...
Read more

DynamoDB×Go#3 Go CDKでどこまでいける?機能を調べてみた

DynamoDB×Go連載の第3弾目です。今までは AWS SDK Go やそれをラップしたguregu/dynamo について説明していましたが、 Go CDK(Go Cloud Development Kit) を用いたDynamoDB操作について説明します。
Read more

Go Cloud#7 PubSubドライバー(pubだけ)を実装してみる

Go Cloudはいろいろなドライバーが整備されているものの当然のことながら、この世のすべてのバックエンドに対応しているわけではありません。AWSやGCPやAzureが提供されているサービス以外にも、自前で運用しているミドルウェアにも対応したくなったりするはずです。Go Cloudの中を覗き見るついでに、自分でドライバーを実装してみました。
Read more

Go Cloud#6 GCPのローカルエミュレータを活用する

本記事では、Go CloudでGCPのエミュレータに接続してみます。GCPのリソースを管理するためのコマンドラインインターフェースとして gcloud があり、このgcloudコマンド経由で各種エミュレータを実行することができます。
Read more

Go Cloud#5 AWSのローカルモック環境であるLocalStackを活用する

本記事ではGo Cloud経由でAWSのローカルモック環境であるLocalStackに接続してみたいと思います。
Read more

Go Cloud#4 URLを編集するパッケージ

これまで、基本的な機能を一通り紹介してきました。Go Cloudでは何かとURL扱います。特にポータブルなAPIを使うと、mem://my-pub-sub やら s3://my-bucketやらで、URLでリソースの種類とその実態を指定しますし、場合によっては ?filename=collection.dbのようなクエリーで属性を設定したりします。
Read more

Go Cloud#3 Go CloudのDocStoreを使う

Go Cloudの紹介の連載の第3弾です。Go Cloudにはいろいろ便利な機能がありますが、ほとんどの機能は既存のAPIへの薄いラッパーだったりします。そんな中、よくぞ実装したな、と思われるのがDocStoreです。
Read more

Go Cloud#2 Pub/Subの概要紹介

マルチクラウドなアプリケーションの実装としては、各サービスのインターフェースに依存することが多く、独自に各サービスのインターフェースをラップして実装するのもなかなか大変なのではないでしょうか。Go Cloud はアプリケーションのポータビリティに役に立つと考えています。本記事では Google Cloud Pub/Sub と Amazon Simple Queue Service と In-Memory について Go Cloud で Publish / Subscribe した例を紹介します。
Read more

Go Cloud#1 概要とBlobへの活用方法

TIG DX Unit所属の多賀です。今回は、Go Cloudシリーズとしていくつか Go Cloudに関する記事をリレー形式で書いていきたいと思います。 第一弾としては、Go Cloud についての概要と、案件でも活用した Blob を利用したサンプルについて解説します。また、認証系の情報の扱いについても記載します。
Read more

Tags