Future Tech Blog
フューチャー技術ブログ

Infrastructure

社内勉強会で発表したGCP資料を公開します

TIG/DXチームの伊藤です。この技術ブログでGCPネタをよく発信していますが、今回もGCPネタです。好きです、GCP。フューチャーの社内では定期的に勉強会を開催している部門があり、全社的に登壇者を募って発表しています。今回は私自身社内にGCPを広めたいという思いがあり登壇の機会をいただきました。今回はその時のまとめや一部改善した内容になります。また、リモートでの勉強会ということもあり、個人的に気をつけた点も簡単にまとめたので、その辺も参考になればと思います。
Read more

Session Manager と踏み台サーバの共存構成

突然ですが、Session Manager 使ってますか?調べるとブログがたくさん掲載されているので使っているところは多いのかな?って思っています。
Read more

ServiceNow+Terraform(+Go) によるインフラ構築自動化

さて、皆さん、ServiceNow(以降:SNOW)というSaaSはご存知でしょうか?Salesforceと非常によく似ておりますが、米国発の SaaS, aPaaS サービスです。米国では割とポピュラーなサービスとして位置づけられていますが、日本ではまだまだです。が、伸び率は今年度は4割近くと、利用ユーザがすごい勢いで伸びています。そんな中、お客様内でSNOWを利用していて、それと関連する領域をFutureが担当するケースも増えてくるかと思いますので、今回は本ブログでSNOWについて少しだけ紹介したいと思います。SNOW とは?の説明は、言葉だけだと概念過ぎてわかりづらいので、現状、私が直面している課題の解決案ベースで解説していきたいと思います。
Read more

【小ネタ】AWS S3 署名付きURLってマネジメントコンソールからでも作れたのね

  • AWS
目新しい機能ではなくずいぶん前から存在するS3の署名付きURLについて新発見したので記載してみようと思います。便利な署名付きURLですがインターネット上で検索する限り、URLを発行するにはAWS CLIを利用する、もしくはSDKを利用して簡単なプログラミングをするかしかないと思ってました。利用する人がITエンジニアであればそれでも良いかと思いますが、しかしながら世の中にはプログラミングが苦手だったり、操作が容易であったり様々な理由でマネジメントコンソールで操作している方も多いと思います。
Read more

インフラ入門vol.4(ストレージ)

インフラ、興味深いですよね。今はクラウドサービスの隆盛もあり、アプリケーション分野に脚光が当たることが多いですが、これらを裏で支える素敵なインフラデザインを見るとキュンとしてしまいますね。当時のハードの仕様のため入り組んだ構成になったシステムが後年すっきりしたデザインになるのは感動的でもありますし、可用性を担保するたためにメッシュになったネットワーク構成図も幾何学的で美しいものです。今回は連載のインフラ入門の第4回目として、前2回で続いたネットワークから視点を変えて、ストレージについての説明をしようかと思います。
Read more

公開鍵暗号(非対称鍵暗号)の仕組みをわかりやすく解説してみる

「公開鍵で暗号化されたデータは対応する秘密鍵でしか復号できない」。最初にこの説明を聞いた時にそんな鍵がありえるのか?と疑問に思いました。技術力もなかった当時は不思議で仕方ありませんでした。自分で利用することもないし、知識として覚えておこうぐらいの感覚でいたのですがある程度技術力がついた今日では、常日頃からHTTPSや...
Read more

GCP連載#10 Terraform ではなくCloud Deployment Manager を使ってみよう

普段は、Terraform を使っているのですが、ふとCloud Deployment Manager を使ったことないことに気づきました。そこで、Cloud Deployment Manager について紹介したいと思います。
Read more

GCP連載#9 初めてのGCP 画像AI(Vision API)をさわってみた

Google Cloud の Vision API は REST API や RPC API を使用して強力な事前トレーニング済みの機械学習モデルを提供します。画像にラベルを割り当てることで、事前定義済みの数百万のカテゴリに画像を高速で分類できます。オブジェクトや顔を検出し、印刷テキストや手書き入力を読み取り、有用なメタデータを画像カタログに作成します。Google Cloudの公式ページによりますと事前トレーニング済みの機械学習モデルを利用してラベルの割り当てやOCRとしてすぐに利用できるようですね。
Read more

GCP連載#8 gcloud compute sshじゃなくてsshコマンドを使いたいあなたへ

ssh先のGCEインスタンスとクライアント間で、キーペア(秘密鍵/公開鍵)の自動生成 -> GCEインスタンスへの鍵配置を自動で行ってくれて、ユーザーは鍵の存在を意識することなくsshできるコマンドですが、gcloud compute sshコマンドじゃなくて、素のsshコマンドでGCEインスタンスにsshしたい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方は、きっと ~/.ssh 配下に生成された秘密鍵 とホスト情報を ~/.ssh/config に手動で追加されていることでしょう。
Read more

GCP連載#7 GCPのData Transfer Serviceを使って簡単にS3からBigQueryにデータ転送をしてみる

突然ですがAWSを利用しているけどビッグデータの蓄積や解析はBigQueryで実施したい、なんて意見も最近多くなってきているようですね。実際にS3からBigQueryのデータ転送について検索すると、自前でデータ転送を作成してみましたや、データ転送をサービスとして販売しているような会社もあります。そんな中GCPが提供しているBigQeryへのデータ転送サービス[DataTransferService](https://cloud.google.com/bigquery/transfer/)のソース元としてS3が追加され、簡単にS3からBigQueryのデータ転送のジョブを作成できるようになりました。まだ、ベータ版でのリリースのみですが今回は実際にS3からのデータ転送を試してみましょう。
Read more

Tags