Future Tech Blog
フューチャー技術ブログ

Programming

SpringBootでDIを駆使したルールエンジン開発

はじめまして、2018年新卒入社の渡邉です。第5弾はGlyphFeedsCMSにおけるSpringを駆使したルールエンジンについてです!新聞業界の多種多様に変化する業務体系に対してどのようにシステムを構築したかご紹介致します。ニュース(=コンテンツ)を世の中に配信していく過程において、新聞社には大きく次のアクターが関わります。
Read more

「2020年代のコンテナ時代のPythonアーキテクチャ&デプロイ」というテーマでPyCon.jp 2020で発表してきました

初のオンライン&Python 2サポートが終了したあとのPyCon.jpという節目のイベントで発表してきました。![IMG_0039.PNG]発表資料はこちらになります。
Read more

親子でプログラミング学習 Alexaスキルを作ろう

こんにちは。TIG DXチームの村瀬です。今年から小学校でプログラミング教育が必修化になったとのことですが、プログラミングと聞くとまだまだ「難しい」、「私には無理」と言った苦手意識を持つ子供や親も多いのではないでしょうか?そこで今回は幼児~小学校低学年の子供とその親を対象として一家に一台はあるであろうスマートスピーカーのAlexaを使ったプログラミングをすることで、プログラミングが楽しいと思ってもらえるようにブログを書かせてもらいました。※あくまで楽しいと思ってもらえるところまでがゴールなので分岐や繰り返しの話はしません。
Read more

チームで推奨するVSCode拡張機能を共有するtips

プロジェクトにアサインされて、まずやらなければならないのは環境構築だと思います。私が新人としてプロジェクトに参画した頃は、リポジトリのクローンからローカルサーバーを起動させるまでの手順は詳細に記載されていたものの、開発で使用するエディタの説明は特になく、VSCodeに各々が好きな拡張機能をインストールしている状態でした。当時開発経験が浅かった私は開発中に必要となる拡張機能を都度入れていたり、作業を効率化できる拡張機能を入れられておらず、非常に困っていました。
Read more

go-swaggerでhello world

go-swaggerの具体的な実装方法を紹介します。はじめにgo-swaggerのインストールを行います
Read more

Pythonによるパッケージ開発

最近業務ではGoを書くことが増えてきましたが、私は以前Pythonをよく書いていました。今回はPythonの開発をスムーズに行っていく方法について記載します。
Read more

【入門】私を苦しめたDynamoDB

はじめまして。TIG DXユニットの富山です。2020年4月新卒入社です。夏休み自由研究連載の11本目の記事で公開された[Slack×GASの日報テンプレBOTを実務に導入してみた]の執筆者である仁木さんと同期です。私が参画しているプロジェクトでは、データベースにDynamoDBを採用しています。私は、RDBMSしか使用した経験がなかったので、NoSQLであるDynamoDBの理解にとても苦しみました。そこで今回の夏休み自由研究では理解した内容をまとめてみたいと思います!
Read more

ダイエット食のブレイクスルー!低温調理器を自作して鶏むね肉を美味しく食べる

こんにちは。筒井です。「コロナ太り」という単語をよく目にする今日この頃ですが、皆さんのお腹の具合はいかがでしょうか。これからダイエットに取り組もうという方は、おそらく鶏むね肉さんのお世話になるかと思います。鶏むね肉は高たんぱく質で、皮を剥いでしまえば脂質も低い食材です。しかし、調理方法に一工夫加えないとぱさついた食感になってしまうデメリットが...
Read more

API Meetup Online #3で限定公開URL(Capability URLs)について話をしてきました。

[API Meetup Online #3]での登壇をお誘いをいただいたので、以前から調査していたものの、発表の機会のなかった限定公開URLについて調べていた内容を発表しました。Real World HTTPの第3版が出るとしたら(具体的な計画とかはないですが)入れるかも、なネタでした。どちらかというとコンシューマー向けな機能な気がしますが、hipchatは以前、共有したファイルがこのCapability URLsだった....
Read more

GoとSuffixArray

Go は標準ライブラリが充実しているとよく言われます。標準ライブラリだけで、HTTP サーバを作れたり、暗号化処理や、JSON や CSV といったデータ形式を扱うことができます
Read more

Tags